ブータンのスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブータン弓術

本項ではブータンのスポーツについて記述する。

ブータン弓術は「ダツェ」と呼ばれ、ブータンの国技として人気がある。競技会がほとんどの村で定期的に開催されている。これは、オリンピックで行われているようなアーチェリーとは異なっており、競技は数名を1組として、2組の対抗戦として、100mほど離れた的を狙う形式で行われる。チームの各メンバーは、ラウンドごとに2つの矢を放つ。伝統的なブータン弓術は、社交的な行事であり、競技は村、町、そしてアマチュアチームとの間で組織されている。矢が的に命中すると、祝いの歌と踊りをひとしきり行うなど、時間を気にせずにゆったりと進めるため、正式な試合は数日を要することもある。

伝統的なダーツ(クレ)は、ダツェと同じように人気のスポーツである。木製の矢を10~20メートル離れた的に向かって投げる。

ほかに伝統的なスポーツとして"Digor"という、砲丸投げホースシュー投げに似たスポーツがある。

クリケットは、近年、ブータンで人気が上がっている。ブータンのクリケット代表チームは、地域の中で最も成功した国の一つである。

2000年代以降、サッカーの人気が高まっている[1]。2002年、FIFAワールドカップ・決勝ブラジルドイツ)が行われる同じ日FIFAランキング202位のサッカーブータン代表は最下位203位の英領モントセラト代表との間で最下位決定戦を行った。試合は、ティンプーのチャンリミタンスタジアムで開催され、ブータンは4-0で勝利した。この試合のドキュメンタリー映画が、オランダのヨハン・クレイマーによって作られた。

ブータンは、夏季オリンピックでは1984年ロサンゼルスオリンピック以降、毎回出場しているが、冬季オリンピックには2011年現在、1度も出場していない。

脚注[編集]

  1. ^ ブータン衣食住(日本ブータン友好協会)

参考文献[編集]

関連項目[編集]