ブークマン・エクスペリアンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブークマン・エクスペリアンス
Boukman Eksperyans
Theodore Lolo Beabrun, Lead Singer.JPG
テオドール・ロロ・ボーブルン (歌手)
基本情報
出身地 ハイチの旗 ハイチポルトープランス
ジャンル ミュジック・ラシン
活動期間 1978年~現在
レーベル アイランド・レコード
メンバー Theodore "Lòlò" Beabrun, Lead Singer
Mimerose "Manzè" Beaubrun, Lead Singer
Gary Seney, Percusionist
Henry Pierre Joseph, Percussionist
Hans "Bwa Gris" Dominique, Percussionist
Maquel Jean Baptiste, Guitar
Jean Lourdy Coiscou, Keyboards
Willy Calixte, Bass Guitar
Raymond "Samba Drol" Lexis, Percussionist
Ted Gabriel Beaubrun, Tanbou/Artistic Director
Gerald Alfred, Guitar
Michel Melthon Lynch, Bass guitar
Natacha Massillon, Backup vocals
Louis "Toto" Eliphète, Percussionist
Moliere "Moali"Calice, Percussions/Drums
Johanne Dejean, "Dancer"
Johanne Colas, "Dancer"

ブークマン・エクスペリアンスハイチ語: Boukman Eksperyans)はハイチのミュジック・ラシン・グループ。1978年ポルトープランスで結成された。

リーダーはロロことテオドール・ボーブルン。結成当時のハイチはコンパ一色だったが、ブークマン・エクスペリアンスはヴードゥー教伝統にもとづく伝統音楽、ミュジック・ラシンを演奏しようとするグループだった。しかし1986年まで続いたジャン=クロード・デュヴァリエ政権下では、ヴードゥー教は強い抑圧を受けていた。カトリック家庭で育ったロロも、ヴードゥーは悪魔的な邪教と教えられて育った。

ヴードゥーの伝統はデュヴァリエ政権が倒れると、文化表面に浮上してくるようになり、ミュジック・ラシンのグループ群も活発に動き出した。以後の政権もヴードゥー教に抑圧的だったが、一度動き出した流れは止まることがなかった。

1990年謝肉祭でブークマン・エクスペリアンスは「ケ・ム・パソ・テ (俺は恐れない)」という曲で優勝し、同年デビュー作「ヴードゥー・アジャエ」を発表した。[1]

ディスコグラフィー[編集]

[2][3][4]

アルバム レーベル 追記
1991 Vodou Adjae Mango Records Premier album
1992 Kalfou Danjere アイランド・レコード
1995 Libete (Pran Pou'l!) Mango Records
1998 Revolutíon タフ・ゴング
1998 Revolisyon Tuff Gong International Second release of Revolutíon
1999 Live at Red Rocks Tuff Gong International Live concert recording, August, 1998
2000 Kanaval Rasin - Vodou Adjae Converge Records or Conversa-phone Institute (possibly) Greatest hits album of songs performed at 謝肉祭
2009 La Révolte Des Zombies Balenjo Music
2011 Live at New Orleans Jazz & Heritage Festival MunckMix 2012 NAACP Image Award Nominee - Outstanding World Music Album

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ CD「危険な十字路」解説
  2. ^ Official websites
  3. ^ Amazon.com
  4. ^ CDuniverse.com