ブンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブンセン株式会社
BUNSEN CO.,LTD.
Bunsen-kk HQ 01.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ブンセン
本社所在地 日本の旗 日本
679-4393
兵庫県たつの市新宮町新宮387
設立 1934年昭和9年)8月 
業種 製造業
法人番号 7140001038845 ウィキデータを編集
事業内容 総合食品製造販売
代表者 代表取締役社長 田中智樹
資本金 3億8000万円
従業員数 252名(2018年6月現在)
外部リンク www.bunsen-kk.co.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

ブンセン株式会社 (BUNSEN CO.,LTD.) は、兵庫県たつの市新宮町に本社を置く、醤油を中心に海苔佃煮もろみ・惣菜・煮豆・米飯・生菓子などを扱う食品メーカーである。コーポレート・メッセージは「おいしいが喜び」。

概要[編集]

創業者の大西伊八が、1934年昭和9年)にうすくち醤油の主力産地として知られる龍野市で、株式会社 鳳商店を設立する。創業当初は醤油及びもろみを製造していたが、のちに昆布や海苔の佃煮なども製造販売するようになり、当時販売していた醤油のブランドに寛永通宝の中でも重宝された「文銭」を使用していたことから、後に社名をブンセンと改称する[1]

印象を残すユニークな商品名が多く、「アラ!」「塩っぺ」「ヤーダ」「パ」など短いフレーズながら強いインパクトを与えるものが多い。これは、二代目社長の大西大三から「一切、文句は言わんから」と指示を受け、当時入社4年目だった橋本譲(元専務)が、個人的に感銘を受けた萩原朔太郎の詩から採用したモノである。兵庫県南西部(播磨地方)に位置する企業であるため、全国的な知名度では劣るものの、近畿地方を中心に西日本では佃煮の「アラ!」シリーズが知られており、沖縄県先島諸島まで流通している。東日本でも、同社製品の取り扱い率はいま一つの状態が続いて来たが、近年はマルエツ等の流通で、同社の製品が販売されるさまになっている。

工場は同県加古郡稲美町を始め、その他、福岡県と愛知県にも所在する。近年では、佃煮を始めとした惣菜の製造から、同業大手のフジッコと同様に、弁当類の製造もおこなっており、同社が本社を置く、たつの市内には同社が運営するブンセンキッチンが店を構えている。

コマーシャルについては、かつてはサンテレビをメインに積極的にテレビCMを放映していたが、近年は、関西ではMBSラジオラジオ関西、関東ではTBSラジオなどでのラジオCMにおおむね特化している。テレビCMやラジオCMではピアノの伴奏に乗ったかたつむりの歌の替え歌(「アラ」のみ言う)が流れている。この他、読売新聞の一面では、2ベタ広告がよく掲載されている。他に産経新聞(大阪本社版)にも社会面に広告を掲載している[要出典]

社有車両全てに動物や植物などの名称をつけており、工場内で使用されるフォークリフトもその対象になっている。また社有車両の塗色は軽ワンボックスバンの一部を除き赤に統一されている[要出典]。社有車を統一色にするのは1955年(昭和30年)からで、当時は消防車との混同を避けるため、一般企業の社用車に赤色は認められていなかったので、濃いピンク色が採用されていた。1977年(昭和52年)から、現在の赤一色になっている。

沿革[編集]

  • 1934年昭和09年):大西伊八により「株式会社 おおとり商店」として創業。最初の市販商品である醤油の商標に「ブンセン醤油」を採用する。
  • 1947年(昭和22年):昆布佃煮の製造を開始し、水産物加工業へ進出。
  • 1961年(昭和36年):社名を「ブンセンしょうゆ株式会社」へ改称。同時期からユニークな商標を次々と生み出し、注目を浴び始める。
  • 1964年(昭和39年):醤油容器に業界初のプラスチックボトルを採用。家庭訪問販売子会社「コンチア」設立。
  • 1968年(昭和43年):ギフト用食品部門に進出する。
  • 1970年(昭和45年):社名を現在の「ブンセン株式会社」へ改称。
  • 1972年(昭和47年):進物部門子会社「株式会社茶良さろん」設立。
  • 1977年(昭和52年):製菓業進出。翌年には惣菜加工業にも進出。菓子部門子会社「株式会社 ベラボー鳥」設立。
  • 1978年(昭和53年):惣菜部門子会社「ネネー食品株式会社」設立。
  • 1979年(昭和54年):米飯部門子会社「ニギー食品株式会社」設立。
  • 1980年(昭和55年):日配惣菜部門子会社「ネネー食品株式会社」を「ワンデー食品株式会社」へ改称。
  • 1982年(昭和57年):加古郡稲美町に米飯部門子会社「ニギー食品株式会社 稲美工場」を建設。
  • 1983年(昭和58年):菓子部門子会社「株式会社 枯山水」設立。
  • 1984年(昭和59年):菓子部門子会社「株式会社 ベラボー鳥」を「ベラボーのお菓子株式会社」へ改称。 日配食品部門子会社「ヌーボー食品株式会社」設立。
  • 1986年(昭和61年):業務用部門子会社「株式会社 御一同」を設立。
  • 1990年平成02年):日配食品部門子会社「福岡ヌーボー食品株式会社」を設立。大阪府摂津市に日配食品部門子会社「ヌーボー食品株式会社摂津工場」を建設。
  • 1992年(平成04年):「福岡ヌーボー食品株式会社」宇美工場を福岡県糟屋郡須恵町へ移転、建設。
  • 1997年(平成09年):日配食品部門子会社「東海ヌーボー食品株式会社」を設立。愛知県尾西市(現:一宮市)に東海工場を建設。
  • 2005年(平成17年):兵庫県姫路市山陽百貨店内に、グループ企業直営の惣菜専門店を出店する。
  • 2008年(平成18年):惣菜の販売を目的に「ブンセンキッチン」をたつの市内にオープン。同時に同事業を子会社として設立。

主力商品[編集]

  • 醤油 「ベロ」「たれ」「トロ」
  • 「アラ!」(海苔佃煮)シリーズ 「しいアラ!」「松茸アラ!」「しそアラ!」など
  • 「塩っぺ」(塩ふき昆布)シリーズ
  • 「やわン」(昆布佃煮)シリーズ 「ヤーダ」「ポチャ」「またネ」「ピリー」「まっせ」「パ」
  • 「花も」(播磨もろみ)シリーズ
  • 「ヤッキ」(煮豆)シリーズ 「鶴ヤッキ」「赤ヤッキ」「黒ヤッキ」
  • 播磨佃煮 「竹之助」シリーズ、「岬めぐり」シリーズなど
  • 昆布巻
  • 「ワンデー」(惣菜)
  • 「ベラボー」(生菓子)
  • 「ニギー」(寿司・弁当)
  • 「ヌーボー」(惣菜・生菓子)

事業所[編集]

  • 本社工場(たつの市新宮町)
  • 稲美工場(稲美町)
  • 福岡工場(福岡県)
  • 東海工場(愛知県一宮市)

営業所[編集]

  • 東京事務所(港区)
  • 金沢(金沢市)
  • 長野事務所(塩尻市)
  • 静岡事務所(静岡市)
  • 東海事務所(愛知県一宮市)
  • 大阪事務所(茨木市)
  • 稲美(兵庫県加古郡稲美町)
  • 姫路事務所(姫路市)
  • 和歌山事務所(和歌山市)
  • 米子事務所(米子市)
  • 岡山事務所(岡山市)
  • 広島(広島市)
  • 高松事務所(高松市)
  • 松山事務所(松山市)
  • 福岡事務所(福岡県糟屋郡須恵町)
  • 長崎事務所(諫早市)
  • 熊本事務所(熊本市)
  • 沖縄事務所(那覇市)

子会社[編集]

  • コンチア株式会社
  • 株式会社 茶良さろん
  • ニギー食品株式会社
  • ワンデー食品株式会社
  • ベラボーのお菓子株式会社
  • 株式会社 御一同
  • ヌーボー食品株式会社
  • 株式会社 枯山水
  • 東海ヌーボー食品株式会社
  • 福岡ヌーボー食品株式会社

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]