ザ・ブロードサイド・フォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ザ・ブロードサイド・フォーは、黒澤明の息子黒澤久雄が結成したフォークグループ

1964年、高校時代からバンドで活躍していた黒澤久雄が成城大学在学中に、鶴原俊彦、横田実を伴って「ザ・ブロードサイド・スリー」を結成し、1965年5月にアルバムを1枚リリースした。 同年、山口敏孝を加え、「ザ・ブロードサイド・フォー」と改名。1966年9月ビクターからリリースした『若者たち』が同名ドラマの主題歌として大ヒットをするが、同年秋に黒澤の留学により解散。

メンバー[編集]

  • 黒澤久雄 ボーカル、ギター
  • 鶴原俊彦 コーラス、ギター
  • 横田実 コーラス、コントラバス
  • 山口敏孝 コーラス、ギター

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • フォーク・ソング・ベスト・ヒット (1965年5月、コロムビア)
    「ザ・ブロードサイド・スリー」名義の作品。 日本のモダン・フォーク・グループによる初のアルバム。
  • 若者たち ~ ザ・ブロードサイド・フォー・フォーク・アルバム (1966年)
    1. 若者たち
    2. 青い鳥が泣いている
    3. 星に祈りを
    4. なんて幸せなんだろう
    5. 白い砂と赤い夕陽
    6. 夜ごとの夢
    7. シェナンドー
    8. 私の行く処
    9. ウォーク・ライト・イン
    10. ローリー
    11. ディア・ハート
    12. スイング・ダウン

シングル[編集]

  • 若者たち/青い鳥が泣いている(1966年4月)
  • 星に祈りを(夜空の星)/なんて幸せなんだろう(1966年9月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]