ブローセン・メトカーフ彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブローセン・メトカーフ彗星
23P/Brorsen-Metcalf
彗星
周期彗星の一覧 / 非周期彗星の一覧
発見
発見者  テオドール・ブローセン&
ジョエル・ヘイスティングス・メトカーフ
発見日  1884年7月20日
符号・別名  1847 O1, 1919 Q1, 1989 N1
軌道要素 - IAUNASA
元期 1989年10月1日
離心率 (e)  0.972
近日点距離 (q)  0.478 AU
軌道長半径 (a)  17.07 AU
遠日点距離 (Q)  33.65 AU
公転周期 (P)  70.52
軌道傾斜角 (i)  19.33°
近日点引数 (ω) 
昇交点黄経 (Ω) 
前回近日点通過  1989年9月11日
次回近日点通過  2059年6月8日

ブローセン・メトカーフ彗星(23P/Brorsen-Metcalf)は、1847年7月20日にドイツの天文学者テオドール・ブローセンが発見した太陽系周期彗星である。1847年8月11日にロシアの天文学者Kaspar Gottfried Schweizerによって再発見され、1919年から1922年に再び戻ってくると予測された。

1919年8月21日、バーモント州牧師ジョエル・ヘイスティングス・メトカーフによって8等級で再発見された。8月22日にはヤーキス天文台エドウィン・バーナードらによっても観測された。1919年9月末までに、この彗星はブローセンが発見したものと同一のものであると確認された。

外部リンク[編集]


前の彗星:
コプフ彗星
周期彗星
ブローセン・メトカーフ彗星
次の彗星:
ショーマス彗星