ブロンシア・コラー=ピネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブロンシア・コラー=ピネル
Broncia Koller-Pinell
Broncia Koller-Pinell Photo2.jpg
生誕 1863年2月25日
サノク
死没 1934年4月26日
オーストリア,バーデン郡Oberwaltersdorf

ブロンシア・コラー=ピネル(Broncia Koller-Pinell、1863年2月25日 - 1934年4月26日 )はオーストリアの画家である。

略歴[編集]

現在のポーランド、ポトカルパチェ県サノクのユダヤ教徒の毛織物の製造工場主の家で生まれた[1][2]。1870年に両親とウィーンに移った。画家のロベルト・ラープとアロイス・デルークから絵の個人教育を受け、1885年には展覧会に絵を出展するようになった。1885年から2年間、ミュンヘンの女子美術学校でルートヴィヒ・ヘルテリッヒに学んだ。ウィーンのキュンストラーハウス(Künstlerhaus)で開かれる展覧会やミュンヘン、ライプツィヒの展覧会で出展した。

1896年にカトリック教徒の医師、フーゴー・ケラーと結婚した。初めニュルンベルクで暮らしたが、1902年にウィーンに移った。ウィーンで、前衛的な画家グスタフ・クリムトを中心とする画家グループと交流した。1904年にウィーンに近いバーデン郡の Oberwaltersdorfの邸を相続し、その邸はウィーン分離派の建築家のヨーゼフ・ホフマンとデザイナーのコロマン・モーザーによって改装された。この邸にはオーストリアの有名な芸術家や科学者が客となって招かれた。

第一次世界大戦後は表現主義の画家、アントン・ファイスタウアーやアルベルト・ギュータースローらとも交流した。

印象派やアールヌーボー、表現主義など近代の様々な美術運動の芸術家たちと交流しながら、人物画や静物画を描いた。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ flickr.com
  2. ^ grg3.at (Memento vom 2. 4月 2007 im Internet Archive)

参考文献[編集]

  • Die Malerin Broncia Koller 1863-1934. Ausstellungskatalog. Niederösterreichisches Landesmuseum, Wien 1980
  • Sieglinde Baumgartner: Broncia Koller-Pinell 1863-1934. Eine österreichische Malerin zwischen Dilettantismus und Profession. Monographie und Werkverzeichnis. Dissertation Salzburg 1989
  • Tobias G. Natter: Broncia Koller Pinell. Eine Malerin im Glanz der Wiener Jahrhundertwende. Ausstellungskatalog. Jüdisches Museum, Wien 1993
  • Boris Manner: Broncia Koller-Pinell 1863-1934. Brandstätter, Wien 2006
  • Wacha: Koller Bronislawa (Bronia). In: Österreichisches Biographisches Lexikon 1815–1950 (ÖBL). Band 4, Verlag der Österreichischen Akademie der Wissenschaften, Wien 1969, S. 87 f. (Direktlinks auf S. 87, S. 88).
  • Katja Behling, Anke Manigold: Die Malweiber. Unerschrockene Künstlerinnen um 1900. München : Elisabeth Sandmann, 2009, S. 130–132
  • Boris Manner: Koller, Broncia. In: Allgemeines Künstlerlexikon. Die Bildenden Künstler aller Zeiten und Völker (AKL). Band 81, de Gruyter, Berlin 2014, ISBN 978-3-11-023186-1, S. 217 f.