ブロニスラヴァ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブロニスラヴァ
1315 Bronislawa
仮符号・別名 1933 SF1
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1933年9月16日
発見者 S. J. アラン
軌道要素と性質
元期:2008年11月30日 (JD 2,454,800.5)
軌道長半径 (a) 3.204 AU
近日点距離 (q) 2.951 AU
遠日点距離 (Q) 3.457 AU
離心率 (e) 0.079
公転周期 (P) 5.74 年
軌道傾斜角 (i) 7.07
近日点引数 (ω) 24.39 度
昇交点黄経 (Ω) 236.63 度
平均近点角 (M) 118.23 度
物理的性質
直径 63.50 km
絶対等級 (H) 9.80
アルベド(反射能) 0.0527
Template (ノート 解説) ■Project

ブロニスラヴァ (1315 Bronislawa) は、小惑星帯に位置する小惑星である。ベルギーの天文学者シルヴァン・アランがベルギー王立天文台で発見した。

ポーランドの聖ヒヤツィント (enの姪で、プレモンストラテンシアン修道院の修道女だった福者ブロニスラヴァ(ブロニスワヴァ) (enにちなんで名付けられた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
パウラ (小惑星)
小惑星
ブロニスラヴァ (小惑星)
次の小惑星:
カザン (小惑星)