ブレーメン市電GT4形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブレーメン市電GT4形電車
ブレーメン市電GB4形電車
ブレーメン市電GT6形電車
GT4形(ハンザ車両製造製) GT4形+GB4形(ウェーグマン製)
GT4形(ハンザ車両製造製)
Straßenbahn der Linie 3 in der Ostertorstraße.jpg
GT4形+GB4形(ウェーグマン製)
基本情報
運用者 ブレーメン路面電車会社(BSAG)
製造所 ハンザ車両製造ドイツ語版ウェーグマンドイツ語版
製造年 ハンザ車両製造製
1959年-1967年
ウェーグマン製
1973年-1977年
製造数 ハンザ車両製造製
79両(GT4形)
48両(GB4形)
ウェーグマン製
61両(GT4形)
57両(GB4形)
改造数 ウェーグマン製
2両(GT6形)
運用終了 ハンザ車両製造製
2003年
ウェーグマン製
2013年
投入先 ブレーメン市電
主要諸元
編成 2車体連接車(GT4形、GB4形)
3車体連接車(GT6形)
軌間 1,435 mm
電気方式 直流600 V
架空電車線方式
備考 主要数値は[1][2][3][4][5][6]に基づく。
テンプレートを表示

GT4形は、ドイツブレーメンを走るブレーメン市電が譲渡車両も含めて1959年から1982年にかけて導入した路面電車車両。急カーブ走行時の車体のはみ出しを抑える特殊な構造を採用した連接式電車で、製造企業(ハンザ車両製造ドイツ語版ウェーグマンドイツ語版)によってその仕組みが異なっていた[1][2]

ハンザ車両製造製車両[編集]

概要[編集]

1950年代以降、西ドイツ各地の路面電車は増え続ける自家用車や発達するバスとの競争に晒されるようになったが、同時にこれらの交通機関では対応しきれない都心の大量輸送が可能であると言う利点も見直されるようになった。やがてその観点は自動車やバスが走る地上ではなく地下路線上に路面電車を走らせると言うシュタットバーンへと発展していったが、その中でブレーメンに本社を置いていた鉄道車両メーカーのハンザ車両製造ドイツ語版は、路面電車規格で作られた地下の限られた空間を最大限に活用できる新型電車の開発に取り掛かった。そして、1959年に試作車が完成しブレーメン市電へ導入されたのが、運転台や主電動機、パンタグラフを有する電動車GT4形と、運転台や主電動機を持たずGT4形に牽引される付随車GB4形である。形式名はそれぞれ"車軸数4本の連接式電動制御車(Gelenktriebwagen)"および"車軸数4本の連接式付随車(Gelenkbeiwagen)"を意味する[1][2][5]

両形式とも2車体連接車で、GT4形は集電装置が設置されている車体にのみ運転台が設置された片運転台車両である。他都市に導入されていた連接車と異なりボギー台車が各車体中央下部に1基搭載され、台車枠を特殊なリンクによって結合する構造が採用された。これにより半径16mと言う急カーブを通過する際も車体と台車の向きが常に同一となり、曲線走行時の車体のはみ出し(偏倚、へんい)を少なくする事が可能となった。同時に車体全体の車幅を車両限界まで広げる事が可能と言う利点も有しており、従来のブレーメン市電の車両(2,100 mm-2,200 mm)から車幅が2,300 mmに拡大し定員数も増加した[1][2][5]

運用[編集]

1959年に試作車となるGT4形(電動車)1両とGB4形(付随車)1両が製造され、その結果を基に1961年から1967年にかけて3次に渡って量産が実施された。製造年によって形式名が区別された他、3次車にあたるGT4c/GB4c形は後部車体の車掌用空間が撤去された。また1968年に製造されたブレーマーハーフェン市電ドイツ語版向けの同型車両10両(電動車5両、付随車5両)が1982年の路線廃止に伴いブレーメン市電に譲渡され、GT4c/GB4c形に編入された[1][5][7]

1968年に付随車の車番変更が実施された他、1992年には翌年以降の超低床電車量産を前にブレーメン市電に在籍する全車両に対する改番が行われ、旧番号に"3000"の数字を足したものに変更された。そしてこの超低床電車・GT8N形の導入により置き換えが始まり、2003年までに定期運用から引退し、保存車両や事業用車両を除き全車廃車された。そのうちGT4形47両とGB4形44両については1995年から2003年にかけてルーマニアティミショアラを走るティミショアラ市電ルーマニア語版への譲渡が行われた。各形式の製造・譲受年や車両番号変更の推移などは以下の通りである[1][5][7]

形式 製造年 車種 両数 車両番号
(製造時)
車両番号
1968年以降)
車両番号
1992年以降)
備考
GT4形 1959 電動車 1両 401 3401 試作車
GB4形 付随車 1401 601 3601 試作車
GT4a形 1961-62 電動車 18両 402-419 3402-3419
GB4a形 付随車 1402-1419 602-619 3602-3609
GT4b形 1963 電動車 25両 420-444 3420-3444
GT4c形 1966-67 電動車 30両 445-474 3445-3474
GB4c形 付随車 24両 1445-1468 620-643 3620-3643
形式 製造年 車種 両数 車両番号
(製造時)[注釈 1]
車両番号
1982年譲受後)
車両番号
1992年以降)
備考
GT4c形 1968 電動車 5両 80-84 475-479 3475-3479 ブレーマーハーフェン市電ドイツ語版から譲受。
GB4c形 付随車 5両 218-222 644-648 3664-3648

現有車両[編集]

2018年時点でブレーメン市電に在籍する走行可能なハンザ車両製造製のGT4形(3両)・GB4形(1両)は以下の通りである。これらに加えて2009年まで445(GT4形、旧3445)が動態保存されていたが、2009年の検査で機器の破損が見つかり、費用の関係から翌2010年以降は静態保存に改められた[1][3][4][7][8]

  • 3402 - GT4形、1974年に教習車へ改造。旧402。
  • 3985 - GT4形、1997年レール削正車へ改造。旧460→3460。
  • 446 - GT4形、動態保存車両。旧3446で、1994年以降子供用車両(Kinderbahn)として使用されていたが、445に代わる動態保存車両として製造当初の車体や番号へ復元された。
  • 1448 - GB4形、動態保存車両。旧623→3623、製造当初の番号へ改名。

諸元[編集]

形式 製造年 譲渡年 総数 軌間 編成 運転台数 備考・参考
GT4/GB4
GT4a/GB4a
GT4b
GT4c/GB4c
1959-68 1982(GT4c/GB4c) 79両(GT4)
48両(GB4)
1,435mm 2車体連接車 片運転台(GT4) [9][10][11][12]
全長 全幅 全高 重量 最高速度
17,500mm(GT4)
16,700mm(GB4)
2,300mm 3,027mm 18.6t(GT4)
13.4t(GB4)
60、70km/h
着席定員 立席定員 電動機出力 編成出力 制動装置
41人(GT4)
45人(GB4)
110人(GT4)
113人(GB4)
60kw
(AEG/SSW GMB 401 R)
240kw 発電ブレーキ
渦電流式レールブレーキ

ウェーグマン製車両[編集]

概要[編集]

1973年以降の増備車は、ハンザ車両製造が破産した事を受けてドイツカッセルの企業であるウェーグマンドイツ語版で製造が実施され、ハンザ車両製造製車両から車体や機器が多数変更された[1][13]

車体の偏倚を抑える構造は、特殊リンク機構から車体を台車に合わせて動かす機構へと変更された。各車体下部には台車部に2対、連接部に1対、計3対6箇所に油圧シリンダが接続されており、左右それぞれ油圧系統として繋がっている。車両が曲線を通過する際、台車の動きに合わせてこれらの油圧シリンダが稼働し、車体のはみ出しを抑えると言う仕組みであった。ただし油圧シリンダの信頼性に難があった事から1980年代以降は圧縮空気を用いた空気バネへの交換が行われている。車体も設計が変更され、前照灯が車体下部へ移動した他前面方向幕も大型化した[1][13]

運用[編集]

製造は3度に渡って行われ、1973年から1977年までにGT4形(電動車)61両とGB4形(付随車)57両が導入された。そのうちGT4形561は1979年ブレーメンローランド像ドイツ語版にちなみ"ローランド"(Roland)という愛称が付けられた他、翌1980年にはGT4形10両にブレーメンの発展に貢献した人物にちなんだ名前が命名された。また、1986年(561)と1989年(560)には、GT4形2両に中間車体を追加する改造を実施し形式名もGT6形へ改められた[1][13]

1992年には超低床電車導入に先駆けた改番が実施されたが、2002年以降それらの超低床電車導入に伴う置き換えが始まった。2009年に定期運転離脱後も一部車両が予備車として在籍していたが、2013年12月21日に運行した臨時列車を最後に、後述の保存車両や事業用車両を除き引退した[1][13][14]

廃車となった車両のうちGT4形39両・GB4形38両についてはティミショアラ市電ルーマニア語版への譲渡が行われ、うちGT4形30両については2015年から2018年にかけてルーマニア各地の鉄道車両メーカーで車体や主要機器を更新したGT4MT形"アルモニア"ドイツ語版への改造工事が実施されている[15]

各形式の製造・改造年や車両番号変更の推移などは以下の通りである[1][13][14]

形式 製造年 車種 両数 車両番号
(製造時)
車両番号
1992年以降)
備考
GT4d形 1973-74 電動車 11両 501-511 3501-3511
GB4d形 付随車 701-711 3701-3711
GT4e形 1974 電動車 11両 512-522 3501-3511
GB4e形 付随車 712-722 3701-3722
GT4f形 1975-77 電動車 39両 523-561 3523-3561 以下の2両はGT6形に改造
651(3561) - 1986年
650(3560) - 1989年
GB4f形 付随車 36両 723-758 3723-3758

現有車両[編集]

2018年現在、ブレーメン市電に在籍する走行可能なウェーグマン製のGT4形(2両)・GT6形(1両)・GB4形(1両)は以下の通りである。これらに加えて3548(GT4形、旧548)が2009年以降教習車として使用されていたが、2017年以降はブレーメン路面電車博物館で静態保存されている[14][16][17]

  • 3538 - GT4形、教習車。旧538。
  • 3561 - GT6形、旧561。2004年に団体専用車両"Partitour"へ改造。
  • 557 - GT4形、旧3557、保存時に製造時の番号へ復元。
  • 747 - GB4形、旧3747、保存時に製造時の番号へ復元。

諸元[編集]

形式 製造年 改造年 総数 軌間 編成 運転台数 備考・参考
GT4d/GB4d
GT4e/GB4e
GT4f/GB4f
GT6
1973-77(GT4、GB4) 198689(GT6) 61両(GT4)
57両(GB4)
2両(GT6)
1,435mm 2車体連接車
(GT4、GB4)
3車体連接車
(GT6)
片運転台(GT4、GT6) [6][13][18]
全長 全幅 全高 重量 最高速度
17,500mm(GT4、GB4)
28,400mm(GT6)
2,300mm 3,000mm 21.2t(GT4)
14.5、15.2t(GB4)
28.4t(GT6)
70km/h
着席定員 立席定員 電動機出力 編成出力 制動装置
42人(GT4)
46人(GB4)
67人(GT6)
88、94人(GT4)
97、101人(GB4)
140人(GT6)
120kw(BBC製)
(GT4)
163kw(AEG製)
(GT4、GT6)
240kw(BBC製)
(GT4)
326kw(AEG製)
(GT4、GT6)
発電ブレーキ
レールブレーキ

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 鹿島雅美「ドイツの路面電車全都市を巡る 7」『鉄道ファン』第46巻第6号、交友社、2006年6月1日、 144-145頁。
  2. ^ a b c d e 鹿島雅美「ドイツの路面電車全都市を巡る 1」『鉄道ファン』第45巻第12号、交友社、2005年12月1日、 140頁。
  3. ^ a b Fahrzeuge der BSAG - ウェイバックマシン(2013年4月3日アーカイブ分)
  4. ^ a b Fahrzeuge der BSAG - ウェイバックマシン(2018年10月4日アーカイブ分)
  5. ^ a b c d e 4-achs Gelenk-Triebwagen GT 4c Nr. 445 - ウェイバックマシン(2013年12月24日アーカイブ分)
  6. ^ a b BSAG 2011, p. 5.
  7. ^ a b c Bremen, tramway Roster”. Urban Electric Transit. 2019年9月17日閲覧。
  8. ^ BSAG 2011, p. 7,9,22.
  9. ^ 4-achs Gelenk-Triebwagen GT 4c Nr. 445 - ウェイバックマシン(2018年11月29日アーカイブ分)
  10. ^ Beiwagen 1458”. Freunde der Bremer Straßenbahn e.v.. 2019年9月17日閲覧。
  11. ^ Triebwagen 402”. Freunde der Bremer Straßenbahn e.v.. 2019年9月17日閲覧。
  12. ^ Beiwagen 1458”. Freunde der Bremer Straßenbahn e.v.. 2019年9月17日閲覧。
  13. ^ a b c d e f Triebwagen 548”. Freunde der Bremer Straßenbahn e.v.. 2019年9月17日閲覧。
  14. ^ a b c Verbleib ausgemusterter Straßenbahnen der BSAG - ウェイバックマシン(2016年1月30日アーカイブ分)
  15. ^ Tramvaiele Armonia din Timişoara”. Victor Silaghi (2018年8月17日). 2019年9月17日閲覧。
  16. ^ Sonderwagen - ウェイバックマシン(2018年11月28日アーカイブ分)
  17. ^ BSAG 2011, p. 6.
  18. ^ BSAG (1999年8月). “Fahrzeuge der BSAG (PDF)” (ドイツ語). 2019年9月17日閲覧。

参考資料[編集]