ブレネー・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブレネー・ブラウン
Brené Brown
Brené Brown
2012年
誕生 Casandra Brené Brown
(1965-11-18) 1965年11月18日(53歳)
アメリカ合衆国 テキサス州 サンアントニオ
職業
  • ストーリーテラー
  • 研究者
  • 作家
  • 講演者
  • マスター・ソーシャルワーカー
言語 英語
国籍 アメリカ人
教育
活動期間 2004–現在
主題 ソーシャルワーク
配偶者 Steve Alley (m. 1994)
子供 2
公式サイト www.brenebrown.com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ブレネー・ブラウン(Brené Brown、1965年11月18日-)は、ヒューストン大学ソーシャルワーク大学院の研究者である。

勇気・心の弱さ・恥・共感などについて研究を行っている[1]。執筆した書籍はニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに幾度も登場している。世界的な講演大会TEDにも幾度も講演し、2010年の「傷つく心の力(The Power of Vulnerability)」では再生数がトップファイブに入っている[要出典]

書籍[編集]

  • Brown, Brené (2018). Dare to Lead: Brave Work. Tough Conversations. Whole Hearts.. Random House. ISBN 978-0399592522. 
  • Brown, Brené (2017). Braving the Wilderness: The Quest for True Belonging and the Courage to Stand Alone. Random House UK. ISBN 978-1785041754. 
  • Brown, B. (2015): Rising Strong: The Reckoning, The Rumble, The Revolution.
  • Brown, B. (2012): Daring Greatly: How the Courage to Be Vulnerable Transforms the Way We Live, Love, Parent, and Lead. New York City, NY: Gotham
  • Brown, B. (2010): The Gifts of Imperfection: Let Go of Who You Think You're Supposed to Be and Embrace Who You Are. Center City, MN: Hazelden.
  • Brown, B. (2009): Connections: A 12-Session Psychoeducational Shame-Resilience Curriculum. Center City, MN: Hazelden.
  • Brown, B. (2007): I Thought It Was Just Me (but it isn't): Telling the Truth About Perfectionism, Inadequacy, and Power. New York:Penguin/Gotham.
  • Brown, B. (2007): Feminist Standpoint Theory. In S.P.Robbins, P.Chatterjee & E.R.Canda (Eds.), Contemporary human behavior theory: A critical perspective for social work (Rev. ed.). Boston: Allyn and Bacon.
  • Brown, B. (2007): Shame Resilience Theory. In S.P.Robbins, P.Chatterjee & E.R.Canda (Eds.), Contemporary human behavior theory: A critical perspective for social work (Rev. ed.). Boston: Allyn and Bacon.

出典[編集]

  1. ^ Brené Brown Speaker”. TED.com. 2015年12月12日閲覧。

外部リンク[編集]

録音された講演