ブレイズ・ベイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
2012年、クロアチア公演にて

ブレイズ・ベイリー(Blaze Bayle、1963年5月29日 - )は、イギリスのへヴィメタルアーティスト。イギリスのヘヴィメタルバンド、アイアン・メイデンの元メンバーとして知られる。

来歴[編集]

初期[編集]

イギリス・バーミンガム出身。ウルフズベインを経て1994年ブルース・ディッキンソンの後任としてアイアン・メイデンに加入[1]、翌1995年の「Xファクター」でデビューしたが、ヘヴィメタル人気の停滞と本人の声質とメイデンの音楽性との相性さから従来のファンから批判され、1998年の「ヴァーチャル・イレヴン」で脱退。

現在[編集]

メイデン脱退後、2000年に自身のバンド、ブレイズを結成、1stアルバム「シリコン・メサイア」をリリース。それ以降は自身の図太い声とワイルドな歌唱を生かし、新たなファンを獲得、現在も精力的にライブ活動をこなしている。また、ヘヴィメタルおよびメイデンの再人気により、黒歴史扱いだったブレイズ時代のアルバムも再評価されブレイズ個人のライブでもメイデン在籍時の代表曲なども披露されている他、メイデンもライブツアーでブレイズ時代の代表曲を披露する機会も増えている。

人物、エピソード[編集]

  • ブルースが脱退したときにアイアン・メイデンは解散の危機に立たされたが、ブレイズの加入によって解散を免れた。しかし、ブレイズが在籍した4年間は人気停滞、ブレイズとブルースの比較にされることよってメイデンとブレイズは苦難の時期を過ごすことになる。しかし、解散の危機を作った立場であるブルースが復帰してから再びメイデンの人気が再燃し、あたかもブレイズ時代がファンの中ではなかったことにされているのはなんとも皮肉である。
  • なお、ブルースおよびメイデンとの関係は良好な模様でブルースは「ブレイズのことはこの上なくリスペクトしている。だって彼は、非常に難しい状況に足を踏み入れたんだから。何よりも、彼の声は俺のとはかなり違うのに、それらの歌を歌わなければならなかった(中略)。今でもすごくナイス・ガイだった。いまでもすごくいい奴だ。」と語っている。
  • これらの事情を知っている一部のファンからは「彼がいなければ今のメイデンはなかった」と評価する声もある。
  • 現在はスキンヘッド姿だが、メイデン在籍時までは長髪だった。
  • トレードマークはもみあげ。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]