ブレイザーR93

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブレイザー R93
Blaser R93 Luxus.jpg
ブレイザー R93
種類 狩猟小銃
製造国 ドイツの旗 ドイツ
設計・製造 ブレイザー・ヤークトバッフェン社
年代 1990年代
仕様
種別 ボルトアクション
使用弾薬 .308 Win
.300 Win Mag
.338 Lapua Magなど
装弾数 5発
作動方式 ボルトアクション方式
ストレートプル
歴史
設計年 1993年
製造期間 1993年 -
バリエーション ブレイザー R8
LRS
テンプレートを表示

ブレイザー R93:BLASER R93)は、シグ社(現シグザウエル)の傘下ブレイザー・ヤークトバッフェン社が開発・販売しているボルトアクション方式ライフルで、現在はノーマルモデルとLRS(Long Range Sporter)が存在する。この項では両方を紹介する。

概要[編集]

最大の特徴はストレートプル(直動式)ボルトアクションである。これは、ボルトハンドルを前後に動かすことで排莢と装填ができるというもの。動作に掛かる時間が短縮されるため、速射性はセミオートに近く、その時の精度は通常のボルトアクション以上という良いとこ取りの銃だったが、過去世に出たストレートプルボルトライフルと同じく、あまり目立つことはなかった。

ところが、ブレーザー社がスイスシグ社の傘下に入ったことをきっかけに、同じ傘下のヘンメリー社と狙撃用のR93を共同開発することとなる。それまで採用していた狩猟用のストックではなく、アルミ合金のシャーシに、フォアエンドやバットストックを取り付けるというモジュール構造を採用。テストとして1年半の間、この新しいR93を使わせた射撃チームが各種競技会で上位を独占。これを受けたシグ社はそれまでのSSG-3000に代わる狙撃銃としてR93の製造を開始し、今に至る。

特徴[編集]

狩猟を重視したノーマルモデル、競技スポーツ用としてLRS(Long Range Sporter)モデル、公的機関用としてフラッシュハイダーバイポッドを装備したタクティカルモデルがあり、現在はそれぞれ改良型のLRS2、タクティカル2へと移行している。ストレートアクションを採用しているため、普通のマウザーアクションよりも速射性能が高く、使った人に言わせると「セミオート寄りの速射性能と、ボルトアクションの精度を併せ持ったスナイパーライフル」である。

バレルボルト2本で固定されており、しかも、ボルト、マガジン共に簡単に交換可能であり、.308Win.300win mag.338Lapua magという3種類の弾薬デザートイーグルベレッタ90-Twoのように文字通り使い分けることができるバレルのクイックチェンジ機構など、この銃ならではの特徴は多いが、それゆえキワモノ扱いされる事もある。

ノーマルモデル[編集]

競技ライフルのスタイルをしているタクティカルモデルとは異なり、ハンティングをする事を重視し、可搬性なども考慮されるため、スタイルは狩猟用ライフルになっている。しかし、ストレートアクションのボルト機構(ストレートプルボルトアクション)や、バレルのクイックチェンジ機構などは全く同じであり、様々なターゲットに合わせるため、リムファイアの.17 HMRからシングルファイア専用となる10.7x60mmRまで、使用可能弾薬は40種類におよぶ。

Long Range Sporter(LRS)モデル[編集]

他のボルトアクションライフル狩猟用のライフルを元祖としているのに対し、このLRSはビッグボアライフルなどの競技用ライフルを元祖としている。そのために、他のライフルとは全く異なる外見をしているのが特徴。用途的には狙撃銃に分類されるが、イメージ的な問題からSの部分はSniperではなくSporterと命名されている。他にも競技用ライフル譲りのアジャスト機能の搭載や、様々な部品が左右反転し、ボルトハンドル以外を入れ替えられるなど、左利きの射手でも使いやすい所などが特徴。

登場作品[編集]

外部リンク[編集]