ブレイクスルー・リッスン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
観測に使用されたグリーンバンク望遠鏡

ブレイクスルー・リッスン (Breakthrough Listen) は、ブレイクスルー・イニシアチブプロジェクトのひとつであり、地球外の人工的な電波および光信号を探索するため、2016年から10年間、1億ドルの資金を使って電波観測および可視光観測を行う[1]

概要[編集]

パッシブSETIプロジェクトのひとつであり、電波観測はグリーンバンク望遠鏡(北半球)とパークス望遠鏡(南半球)を、可視光観測は自動惑星検出望遠鏡を使い、地球外生命体の発する通信を観測することを目的としている[2]

カリフォルニア大学バークレー校の Berkeley SETI Research Center (BSRC) が運営を行っており、このプロジェクトから生成されたすべてのデータは一般に公開される。またブレイクスルー・イニシアチブでは、そのデータを分析するためのオープンソースソフトウェアを開発する[3]

分散コンピューティングプロジェクトのひとつである SETI@home は、このブレイクスルー・リッスンで収集されたデータの一部も使用し分析している。

運営資金[編集]

このプロジェクトはユーリ・ミルナーによる1億ドルの資金提供によって運営されている[4]

グリーンバンク望遠鏡を5年間に1000万ドルぶん[5]、パークス望遠鏡を5年間に25%使用する[6]契約を締結している。そのほか、受信するための新しい装置やプロセスの開発、職員を雇用するために使われている。

提携など[編集]

プロジェクト開始時に予定されていた前述の3つの望遠鏡以外に、プロジェクト開始後に提携などを結んだ団体や施設がある。

2016年10月12日、中国科学院国家天文台との間で500メートル球面電波望遠鏡とデータ共有することが発表された[7]

2017年5月31日、ジョドレルバンク天体物理学センターとのパートナーシップが発表された[8]

2018年10月2日、南アフリカ電波天文台 (SARAO) との間でMeerKAT電波望遠鏡をブレイクスルー・リッスンに参加させることが発表された[9]

結果[編集]

2016年1月から2019年3月にかけての観測では、地球から163光年以内にある恒星1327個に1.10~3.45 GHzの範囲で調査が行われたが、電波信号とみられる痕跡は発見されなかった[10]

出典[編集]

  1. ^ Breakthrough Initiatives”. breakthroughinitiatives.org. 2019年3月5日閲覧。
  2. ^ Berkeley SETI”. seti.berkeley.edu. 2019年3月5日閲覧。
  3. ^ Breakthrough Initiatives”. breakthroughinitiatives.org. 2019年3月5日閲覧。
  4. ^ Toor, Amar (2015年7月20日). “Yuri Milner will spend $100 million to look for aliens”. The Verge. 2019年3月5日閲覧。
  5. ^ Green Bank Telescope Joins 'Breakthrough Listen' - National Radio Astronomy Observatory” (英語). 2019年3月5日閲覧。
  6. ^ CSIRO. “CSIRO and Internet investor Yuri Milner strike deal for ET search” (英語). www.csiro.au. 2019年3月5日閲覧。
  7. ^ Breakthrough Initiatives”. breakthroughinitiatives.org. 2019年3月6日閲覧。
  8. ^ Breakthrough Initiatives”. breakthroughinitiatives.org. 2019年3月6日閲覧。
  9. ^ Breakthrough Initiatives”. breakthroughinitiatives.org. 2019年3月6日閲覧。
  10. ^ 地球外知的生命は存在するのか? 電波信号を探して1327個の星を調査”. NEWS SALT (2019年6月23日). 2019年6月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]