ブレイキング・ベンジャミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブレイキング・ベンジャミン
Breaking Benjamin 2-14-15.jpg
2015年
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ウィルクスバリ
ジャンル ポスト・グランジ[1][2]
オルタナティヴ・メタル[2][3]
ヘヴィメタル[1][2]
オルタナティヴ・ロック[2][3]
ハードロック[3]
グランジ[3]
活動期間 1998年~2010年、2013年~現在
レーベル アメリカ合衆国の旗Hollywood Records
日本の旗Avex
公式サイト www.shallowbay.com
メンバー ベンジャミン・バーンリー
キース・ウォーレン
ジェイセン・ラウチ
アーロン・ブラッチ
ショーン・フォイスト

ブレイキング・ベンジャミン (Breaking Benjamin) とは、アメリカ合衆国ロックバンド

アメリカでは圧倒的な人気を誇っている新世代オルタナティヴ・ロックバンドで、これまでに4枚のアルバムをリリースしているが、その内2枚が全米で100万枚以上を売り上げる大ヒットを記録した。「怒りと悲しみが同居する、激しくもどこか切ない楽曲」が、彼等の持ち味である。

メンバー[編集]

現在のメンバー[編集]

  • ベンジャミン・バーンリー/Benjamin Burnley - (ヴォーカル・ギター、1998–)
  • キース・ウォーレン/Keith Wallen - (ギター・バッキングヴォーカル、2014-)
  • ジェイセン・ラウチ/Jasen Rauch - (リードギター、2014-)
  • アーロン・ブラッチ/Aaron Bruch - (ベース・バッキングヴォーカル、2014-)
  • ショーン・フォイスト/Shaun Foist - (ドラムス・パーカッション、2014-)

旧メンバー[編集]

  • アーロン・フィンク/Aaron Fink - (元ギタリスト、1998, 2001-2011)
  • マーク・クレパスキー/Mark Klepaski - (元ベーシスト、2001-2011)
  • ジャーミー・ハメル/Jeremy Hummel - (元ドラマー、1998-2004)
  • Jonathan "Bug" Price - (元ベーシスト、1998-2001)
  • チャド・スゼリガー/Chad Szeliga - (元ドラマー、2005-2013)

略歴[編集]

1998年にベンジャミン・バーンリーとジャーミー・ハメルが中心となり、結成。なお、「ブレイキング・ベンジャミン(壊している、ベンジャミン)」というバンド名についてだが、ある日バンドがニルヴァーナの楽曲を演奏している最中に、ヴォーカルのベンジャミン・バーンリーが目の前にあったマイクを蹴って破壊した事から思い付いたと言われている。その後、一時は「Plan 9」という新たなバンド名の案も出ていたが、あまり気に入らなかったそうである。

2002年初頭には、メジャーレベールのHollywood Recordsと契約を結び、直後に自身の名を冠した1stミニアルバム「Breaking Benjamin EP」でデビューを飾った。これが2000枚を売り上げ、それに続く形で同年8月27日に1stアルバム「Saturate」をリリース。このアルバムは、全米アルバムチャートにて初登場136位を記録している。

2004年6月29日には、2ndアルバムとなる「We Are Not Alone」をリリースし、全米アルバムチャートにて初登場20位を記録。その後もセールスは伸び続け、結果的に100万枚以上を売り上げ、プラチナム・ディスクに認定された。

2006年8月6日には、3rdアルバム「Phobia」をリリースし、全米アルバムチャートにて初登場2位を記録。同アルバムに収録されている1stシングル"The Diary of Jane"が、全米メインストリームロックチャートにて最高2位を記録し、続く2ndシングル"Breath"で遂に同チャートで1位を獲得。これらの成功と共にアルバムもセールスを伸ばし続け、結果的に前作と同じく100万枚以上を売り上げプラチナム・ディスクに認定。

2009年9月29日には、4thアルバム「Dear Agony」をリリースし、全米アルバムチャートにて初登場4位を記録。2011年現在までに、全米で50万枚以上を売り上げ、ゴールド・ディスクに認定されている。

2010年の夏から、バンドは、ベンジャミン・バーンリーの病気のため、活動を休止すると発表した。

2011年5月、バーンリーは裁判所を通じ、アルバムへの収録が見送られた楽曲を公にするにあたって、ギタリストのアーロン・フィンクとベーシストのマーク・クレパスキーが不公平な決定をしたと表明。これにより両氏は解雇され、メンバーはバーンリーとスゼリガーの2名となった。 この件についてフィンクとクレパスキーは弁護士を通じバーンリーの主張を否定している。双方の主張は相違し、調停でバーンリーはバンドの名称をめぐる占有権と、少なくとも25万ドルの損害賠償を求めた[4]。またバーンリーは和解が成立したのちバンドを再始動する計画だと述べている[5]

2013年4月、バンドの名称をめぐる権利をバーンリーが得る形で紛争は解決する。同時にバンドの活動を続けていくことを公式サイトで発表した[6]。しかし同時期にスゼリガーは創造的な違いを理由にバンドを脱退[7]、同年10月からバーンリーを唯一のメンバーとしアコースティック形式によるライブ活動を再開[8]

2014年8月、新たなメンバーを4人迎え、ヴォーカルのバーンリーを中心とした5人編成となった[9]。同年10月には新たなアルバムの制作を行っている[10]ことを新ドラマーのフォイストがインタビューで明らかにしている。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[11]
CAN
[12]
NZ
[13]
2002 Saturate 136
2004 We Are Not Alone
  • 発売日: 2004年6月29日
  • レーベル: Hollywood
  • フォーマット: CD, cassette, digital download
  • 全米売上: 100万枚[15]
20
  • US: プラチナ[14]
  • NZ: ゴールド[16]
2006 Phobia
  • 発売日: 2006年8月8日
  • レーベル: Hollywood
  • フォーマット: CD, CD + DVD, cassette, digital download
  • 全米売上: 100万枚[17]
2
  • US: プラチナ[14]
2009 Dear Agony
  • 発売日: 2009年9月29日
  • レーベル: Hollywood
  • フォーマット: CD, CD + DVD, LP, digital download
  • 全米売上: 83.4万枚[18] [19]
4 13 22
  • US: ゴールド[14]
2015 Dark Before Dawn
  • 発売日: 2015年6月23日
  • レーベル: Hollywood
  • 全米売上: 32.5万枚[20]
1 1 11
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

シングル[編集]

発表 曲名 各チャート最高位 収録アルバム
US Hot 100[21] US Mainstream Rock US Alternative
2002 "Polyamorous" - 19 31
Saturate
2003 "Skin" - 24 37
"Medicate" - - -
2004 "So Cold" 76 2 3 We Are Not Alone
2005 "Sooner or Later" 99 2 7
"Rain" - 23 39
2006 "The Diary of Jane" 50 2 4
Phobia
2007 "Breath" 84 1 3
"Until the End" 122 6 21
2009 "I Will Not Bow" 40 5 10
Dear Agony
2010 "Give Me a Sign" - 12 16

EP[編集]

  • Breaking Benjamin EP (2001)
  • Live EP (2004)
  • So Cold EP (2004)

ミュージック・ビデオ[編集]

  • "Polyamorous"
  • "So Cold"
  • "Sooner or Later"
  • "The Diary of Jane"
  • "Breath"
  • "I Will Not Bow"
  • "Give Me a Sign"

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Breaking Benjamin|Biography”. オールミュージック. All Media Guide. 2015年8月11日閲覧。
  2. ^ a b c d Breaking Benjamin - ブレイキング・ベンジャミン - キューブミュージック・2015年11月6日閲覧。
  3. ^ a b c d Breaking Benjamin reviews, music, news - sputnikmusic・2015年8月11日閲覧。
  4. ^ http://news.yahoo.com/lead-singer-breaking-benjamin-fires-bandmates-163847183.html
  5. ^ http://www.billboard.com/articles/news/468532/breaking-benjamin-singer-fires-bandmates-over-song-dispute-report
  6. ^ http://www.shallowbay.com/2013/04/19/message-from-ben/
  7. ^ https://www.facebook.com/chadszeliga/posts/10152791239830381
  8. ^ http://loudwire.com/breaking-benjamin-ben-burnley-intimate-acoustic-performances/
  9. ^ http://loudwire.com/breaking-benjamin-return-new-lineup/
  10. ^ http://www.todayspulse.com/news/entertainment/middletown-drummer-joins-breaking-benjamin/nhdX8/
  11. ^ Breaking Benjamin - Chart history (Billboard 200)”. 2015年4月14日閲覧。
  12. ^ Breaking Benjamin - Chart history (Canadian Albums)”. 2015年4月14日閲覧。
  13. ^ New Zealand charts portal”. Hung Medien. 2015年4月14日閲覧。
  14. ^ a b c d RIAA - Gold & Platinum searchable database”. 2015年4月14日閲覧。
  15. ^ RIAA Database Search Results”. Recording Industry Association of America. 2015年4月14日閲覧。
  16. ^ Top 40 albums (#1475)”. Recorded Music NZ (2008年8月29日). 2015年4月14日閲覧。
  17. ^ RIAA - Gold & Platinum Searchable Database - July 03, 2015”. RIAA. 2015年7月3日閲覧。
  18. ^ RIAA - Gold & Platinum - March 6, 2010”. RIAA. 2010年6月2日閲覧。
  19. ^ Upcoming Releases: Hits Daily Double”. Hits Daily Double. 2015年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月14日閲覧。
  20. ^ Metal By Numbers 3/2: Can you dig it?” (2016年3月2日). 2015年3月2日閲覧。
  21. ^ 日本でいう「オリコン・シングルチャート」に該当するもの。ラジオ曲でのオンエアー回数や、楽曲のオンラインダウンロード数に応じて、1~100位までが毎週発表される。

外部リンク[編集]