ブルース・ティム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブルース・ティムBruce Walter Timm1961年[1] - )はアメリカ合衆国アニメーターアニメーション監督プロデューサー漫画家である。

代表作に『バットマン(Batman: The Animated series)』などがある[1]

経歴[編集]

ジャック・カービーらのコミックを読んで育ち、多大な影響を受ける[2]。アニメーションの技法を独学で習得後、1981年フィルメーション・スタジオへ入社しアニメーターとしてのキャリアをスタートさせる[3]。一時期ドン・ブルース・プロダクションに出向き『ニムの秘密』に参加。フィルメーション退社後はマーベル・プロダクションDICエンターテインメントマテル等でアニメーター、イラストレーターとして従事[3]

1989年ワーナー・ブラザース・アニメーションに入社。『タイニー・トゥーンズ』にキャラクターデザイナーやストーリーボードアーティストとして参加した後、脚本家のポール・ディニ、背景デザイナーのエリック・ラドムスキ、プロデューサーのアラン・バーネットと共に『バットマン(Batman: The Animated series)』の制作に取り掛かる[3]。ダーク・デコと形容される暗いトーンを基調としたスタイルを確立し、同作はエミー賞を受賞した[4]。また、同作においてキャラクター「ハーレイ・クイン」を生み出し、後の実写劇場版でも登場するほど人気を博した[5]。その後、『スーパーマン』、『バットマン・ザ・フューチャー』、『ジャスティス・リーグ』のシリーズに連続して制作に携わった[3]

近年はワーナー・ブラザース・アニメーション製作のDCコミックOVAにエグゼクティブプロデューサーとして携わっている[6]

影響[編集]

前述のジャック・カービーの他、ハーヴェイ・カーツマンジム・ステランコジョン・バスセマワリー・ウッドフランク・フラゼッタダン・デカーロアレックス・トスといったアメコミアーティストに影響を受けている[2]。また、マックス・フライシャーによるスーパーマンの短編も愛好しており、ティムのアール・デコ調のスタイルに大きな影響を及ぼしている[1]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

漫画[編集]

  • バットマン:マッドラブ(1994年)作画
  • ハーレイ&アイビー(2004年)作画

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Just Making a Good Show: A Birthday Tribute to Bruce Timm”. TwoMorrows Publishing Store. 2017年6月22日閲覧。
  2. ^ a b Comic Book Artist Magazine Special Edition - (Bruce) Timm of the New Gods - TwoMorrows Publishing”. TwoMorrows Publishing Store. 2017年6月22日閲覧。
  3. ^ a b c d The Bruce Timm Interview by Jim Harvey”. The World's Finest. 2017年6月22日閲覧。
  4. ^ Going Batty: Alan Burnett talks about Batman: The Animated Series”. FLICKERING MYTH.com (2012年9月5日). 2017年6月22日閲覧。
  5. ^ 『バットマン:マッドラブ 完全版』 ポール・ディニ(作) ブルース・ティム(画) 秋友克也(訳)【日刊マンガガイド】”. このマンガがすごい!WEB (2016年11月14日). 2017年6月22日閲覧。
  6. ^ EXCLUSIVE INTERVIEW WITH BRUCE TIMM”. THINKMCFLYTHINK.COM (2010年4月25日). 2017年6月22日閲覧。