ブルネイの交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブルネイの地形と交通網

ブルネイの交通(ブルネイのこうつう)では、東南アジア国家ブルネイ・ダルサラーム国交通について解説する。

陸上交通[編集]

鉄道
総延長は13kmで全線私鉄である。全線狭軌であり、レール幅は610mmである。
道路
総延長は2005年現在3,650kmであり、舗装路は2,819km、未舗装路は831kmである。すなわち、舗装率は77.2となる。左側通行を採用している。

水上交通[編集]

運河
総延長は2008年現在209kmで、1.2m以下の小型船が航行可能。
港湾
バンダルスリブガワンクアラブライトムアラセリアプカン・ツトンの5つの町に港湾があるが、水深の深い港はムアラ港のみである。
商船
2008年現在1,000英トン以上の商船が8隻あり、無積載時の総重量は348,476英トン(340,635t)である。8隻とも液化天然ガス船で、うち1隻はイギリスが所有している。

航空[編集]

空港
2008年現在2つの空港がある。1つは3,658mの滑走路を持つブルネイ国際空港、もう1つは914から1,523mの滑走路を持つアンドゥキ飛行場(セリア郊外)である。
ブルネイのフラッグキャリアロイヤルブルネイ航空である。
ヘリポート
2007年現在3か所設置されている。

その他[編集]

パイプライン
2008年現在ガス用が37km、石油用が18kmである。