ブルテュール (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Br.960 ブルテュール

ブレゲー Br.960 ブルテュール(Breguet Br.960 Vultur、コンドルの意)はフランスの試作艦上攻撃機1951年8月3日初飛行。試作2機のみにとどまったが、その成果は後日ブレゲー アリゼ対潜機の開発に役立つこととなった。

設計と開発[編集]

ブルテュールは機首に「アームストロング・シドレー マンバターボプロップエンジンを、尾部に「ロールス・ロイス ニーンターボジェットエンジンを装備した混合動力設計だった。低翼形式の主翼は前縁に後退角がつき、後縁は直線で、中央で折り畳むことができた。降着装置は前輪式で、主脚は翼の折り畳み箇所のすぐ内側にあって胴体側に引込み、前脚は後方に引込んだ。

ブルテュールの操縦士席と副操縦士席は枠付きのキャノピーの中に横に並んでいた。通常の搭載兵装は1トン爆弾1個と8発のロケット弾だった。右翼端にはポッドに収められたレーダーが装着され、左翼端には釣り合いを取るために燃料タンクが付けられた。また、胴体の下には大型の捜索レーダーを装着することもできた。

フランス海軍はやがてターボプロップ攻撃機への興味を失ったが、一方で新たな対潜兵器のプラットフォームを求めており、ブレゲーは2機目の試作機をそのデモ用に改造した。これは今日ブレゲー Br.965 エポーラール(Épaulard、シャチの意)として知られており、アリゼの前駆となるものであった。

要目(Br.960 試作2号機)[編集]

  • 乗員: 2名
  • 全長: 13.21 m
  • 全幅: 16.54 m
  • 全高: 5.16 m
  • 翼面積: 36.5 m²
  • 最大離陸重量: 9,780 kg
  • エンジン:
  • 最大速度: 895 km/h
  • 武装: 爆弾およびロケット弾(外部搭載)

関連項目[編集]