ブルゴーニュ (マルヌ県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bourgogne
Blason de la ville de Meursault (21).svg
Mair école église 695.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) グラン・テスト地域圏
(département) マルヌ県Blason département fr Marne.svg
(arrondissement) ランス郡
小郡 (canton) ブルゴーニュ小郡
INSEEコード 51075
郵便番号 51110
市長任期 ジャン=ポール・ルモワヌ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de Beine-Bourgogne
人口動態
人口 992人
2013年
人口密度 69人/km2
地理
座標 北緯49度21分00秒 東経4度04分20秒 / 北緯49.35度 東経4.0722度 / 49.35; 4.0722座標: 北緯49度21分00秒 東経4度04分20秒 / 北緯49.35度 東経4.0722度 / 49.35; 4.0722
標高 平均:m
最低:
最高:
面積 14.38km2
Bourgogneの位置(フランス内)
Bourgogne
Bourgogne
テンプレートを表示

ブルゴーニュBourgogne)は、フランスグラン・テスト地域圏マルヌ県の旧コミューン

由来[編集]

『ブルグントの』を意味するBurgundiiに、ラテン語の接尾辞-iaが付け足され、domaine des Burgondes(『ブルグントの土地』)となった[1]

Burgundia (1190年)、Burgondia (1216年)、Bourgoigne (1274年)、Bourgongne (1278年)、Bourgoinne (1291年)、Buergoigne (1326年)、Bourgondia juxta Remis (1328年)、Bourgogne lez Reims (1384年)、Bourgoingne (1398年)、Bourgungne (14世紀)、Bourgoine (15世紀)と変化した。

歴史[編集]

ラ・テーヌ文化時代の跡がコミューンで見つかっている。

村は1190年にサン・レミの公文書にて言及されている。

1920年10月1日、コミューンはクロワ・ド・ゲール勲章を授けられた。第一次世界大戦時にコミューンで多くが破壊され、長きにわたって占領され、ドイツ兵が訪れる慰霊堂があるためである。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2008年 2012年
585 585 698 697 858 888 1019 992

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[2]、2004年以降INSEE[3][4]

史跡[編集]

  • サン・ピエール・ド・ブルゴーニュ教会 - 歴史記念物[5]。聖歌隊席上部のロマネスク様式の塔、ロマネスク様式の凱旋門といった、12世紀、13世紀の建築様式を保存している。
  • ブルゴーニュ慰霊堂 - 墓地に建立。ビザンツ様式で内部は大理石のモザイクで装飾されている。

脚注[編集]