ブルガリアン・ヴォイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブルガリアン・ヴォイス(Bulgarian Voices)とは、ブルガリア地方の伝統的な民族音楽(女声合唱)である。

様式[編集]

複数(3人以上)の女性により、地声・ノンビブラートで歌われる。歌声は力強い響きで、独特の発声とハーモニーである。発声にはビブラートの代わりにこぶしが用いられ、ハーモニーには不協和音を使用している。伴奏にはバグパイプ等が使用される。

主旋律、副旋律、通奏音をそれぞれ1人以上が担当している。

日本では1987年パリ・コレクションのショーで背景音楽として使用されたことなどから話題になり、同年日本コロムビアから『ブルガリアン・ヴォイス(ブルガリアの声の神秘)』として日本で初めてCD発売された[1]。1988年10月時点で『ブルガリアン・ヴォイス(ブルガリアの声の神秘)』は第1作が2万枚、第2作が1万枚と民族音楽としては大ヒットになった[1]1988年には4社のコマーシャルソングに使用された[1]

参照[編集]

  1. ^ a b c 「CM音楽から消えた『時代の音』」『朝日新聞』1988年10月29日東京夕刊、7頁。

関連項目[編集]

[脚注の使い方]