ブリ (チャガタイ家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブリBüri ? - 1252年)は、モンゴル帝国の皇族。チンギス・ハーンの次男であるチャガタイの長男モエトゥケンの息子。『世界征服者史』『集史』などでは بورى Būrī、『元史』では不里、孛里。『元朝秘史』では不里と表記される。

オゴデイの命令で西征が開始されると、バトゥに従ってチャガタイ家からは叔父のバイダル英語版とともに参加した。このときの勝利の宴席で、バトゥを侮辱する言葉を放った[1]

モンケが即位すると、宴席での侮辱の報復として、バトゥによって殺害された[1]

子息・子女[編集]

『集史』チャガタイ・ハン紀諸子表によれば、ブリには息子が5人いたという。また、『五族譜』のチャガタイ家条によれば、ブリにはオルジェタイ(اولجه تاى Ūlja-tāī)という娘がおり、彼女はフレグの十一男モンケ・テムルの妃であったという。

  • カダキ・セチェン(قداقی سچان Qadāqī Sachān)
  • アフマド(احمد Aḥmad)
  • アジキ(آجيقی Ājīqī)
  • エブゲン(ابوكان Abūkān)
  • アビシュカ(ابيشقه Abīshqa) - チャガタイ・ハン国6代君主(エセン・ブカも参照)

脚注[編集]

  1. ^ a b ドーソン『モンゴル帝国史』第2巻、289頁

参考文献[編集]

  • ドーソン『モンゴル帝国史』第2巻(佐口透 訳注、東洋文庫 128)平凡社、1968年
  • 村上正二『モンゴル秘史 チンギス・カン物語』第3巻(東洋文庫 294)、1976年、346-347頁