ブリージン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブリージン
ジョージ・ベンソンスタジオ・アルバム
リリース
録音 1976年1月6日-8日
カリフォルニア州ハリウッドキャピトル・レコード・スタジオ
ジャンル スムースジャズ
時間
レーベル ワーナー・ブラザース
プロデュース トミー・リピューマ
ジョージ・ベンソン 年表
Benson & Farrell
(1976)
Breezin'
(1976)
In Flight
(1977)
テンプレートを表示

ブリージン』(Breezin') は、ジャズ/ソウルギタリストであるジョージ・ベンソンのアルバム。ワーナー・ブラザース・レコードへの移籍後最初のアルバムである。

商業的成功[編集]

このアルバムは、ベンソンが商業的に最も成功した時期の始まりを告げるものとなった。『ブリージン』は、『ビルボード』誌のポップ・アルバム・チャートである Billboard 200 をはじめ、ジャズ、R&Bのアルバム・チャートにおいていずれも首位に立ち[1]、タイトル曲であり、スムースジャズのスタンダードとなった「ブリージン」と、ポップ・シングル・チャートである Billboard Hot 100R&B の両方で上位に達するヒットとなった「マスカレード」の2枚のシングル・ヒットを出した[2]。アルバム自体もアメリカレコード協会 (RIAA) から、プラチナディスクに認定された[3]

このアルバムは、1977年第19回グラミー賞英語版において、複数の賞を受けた。ベンソンは最優秀インストゥルメンタル・パフォーマンス賞英語版を、アル・シュミット英語版最優秀アルバム技術賞(クラシック以外)英語版を受賞し、また、ベンソンとトミー・リピューマは、最優秀アルバム賞最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞英語版にもノミネートされた。「マスカレード」によって、リピューマとベンソンは最優秀レコード賞を受賞し、受賞は逃したものの、レオン・ラッセル最優秀楽曲賞、ベンソンは最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞英語版にもノミネートされた[4]

批評[編集]

本作の発表当時、『The Village Voice』紙のレビューで、音楽評論家ロバート・クリストガウは「C」評価を付け、アルバムの大方の所は「mush(安っぽい感傷)」に過ぎないと片付けていた[5]。後年に書かれたレビューにおいて、オールミュージックのリチャード・S・ギネル (Richard S. Ginell) は、満点が5つ星のところで3つ半の評価を下したうえで、ベンソンのギターを「かつてないほど、しっかりとした、流れるような」ものだとし、『ブリージン』は「実際は大したブレイクスルーではなく、遷移期のアルバムであり、彼のアイデンティティのコアは依然としてギターにある」と述べている[6]

トラック・リスト[編集]

Side one
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「ブリージン (Breezin')」 ボビー・ウーマック
2. マスカレード (This Masquerade)」 レオン・ラッセル
3. 「シックス・トゥ・フォー (Six to Four)」 フィル・アップチャーチ英語版
Side two
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 私の主張 (Affirmation)」 ホセ・フェリシアーノ
2. 「これが愛なの? (So This is Love?)」 ジョージ・ベンソン
3. 「愛するレディ (Lady)」 ロニー・フォスター英語版

パーソネル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
フランプトン・カムズ・アライヴ!
ピーター・フランプトン
Billboard 200 アルバム・チャート首位
1976年7月31日 - 1976年8月13日
次代:
『フランプトン・カムズ・アライヴ!』
ピーター・フランプトン