ブリリアント・コーナーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブリリアント・コーナーズ
セロニアス・モンクスタジオ・アルバム
リリース
録音 1956年10月9日-12月7日 ニューヨーク
ジャンル ジャズ
時間
レーベル リバーサイド・レコード
プロデュース オリン・キープニュース
専門評論家によるレビュー
テンプレートを表示

ブリリアント・コーナーズBrilliant Corners)は、ジャズピアニストセロニアス・モンク1957年に発表したアルバム。モンクの代表作に挙げられることが多い。

解説[編集]

旧知の仲であるソニー・ロリンズマックス・ローチを迎えて制作されたアルバム。

タイトル曲の「ブリリアント・コーナーズ」は、不協和音を多用したイントロ、7小節単位の展開、頻繁なテンポ・チェンジといった、モンクの先進的な作曲能力が発揮されている。ピアノ独奏による「アイ・サレンダー、ディア」は、元々はビング・クロスビーの歌で大ヒットした曲で、ルイ・アームストロング等も取り上げたスタンダード・ナンバー。「ベムシャ・スウィング」は、メンバーが他の曲と違うが、プロデューサーのオリン・キープニュースの話によれば、モンクがベーシストオスカー・ペティフォードと対立したため、12月7日のセッションではメンバーを替えたとのこと。

収録曲[編集]

  1. ブリリアント・コーナーズ - Brilliant Corners(Thelonious Monk)
  2. バルー・ボリヴァー・バルーズ・アー - Ba-Lue Bolivar Ba-Lues-Are(T. Monk)
  3. パノニカ - Pannonica(T. Monk)
  4. アイ・サレンダー、ディア - I Surrender, Dear(Clifford, Barris)
  5. ベムシャ・スウィング - Bemsha Swing(T. Monk, D. Best)

演奏メンバー[編集]