ブリュンヒルデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ブリュンヒルデ

ブリュンヒルデ古ノルド語:Brynhildr、英語:Brunhild、ブリュンヒルドとも)は、北欧神話に登場する人物である。ワルキューレの一人で、古エッダではフン族、ブズリの娘でアトリ王の妹とされ、リヒャルト・ワーグナー楽劇ニーベルングの指環』では、主神ヴォータンと知の女神エルダの娘とされる。ニーベルングの指環では愛馬を持ち、愛馬はグラーネまたはヴィングスコルニルである。

また古エッダ、『ヴォルスンガ・サガ』、『ニーベルングの指環』ではシグルズと夫婦、または恋愛関係にあったとされ、この物語における姿が現在最もよく知られており、『ニーベルングの指環』のキーワードのひとつとなっている。中世の神話や伝説のブリュンヒルデの造形には、メロヴィング朝の実在の王妃ブルンヒルドが投影されていると考えられている。

だが、ブリュンヒルデは物語によって違う人格として描かれているため、これらの物語がブリュンヒルデを知る材料のすべてではない。

ワルキューレとしてのブリュンヒルデ[編集]

『ヴォルスンガ・サガ』または『ニーベルングの指環』のなかでのブリュンヒルデは、戦死した兵士をオーディンの住むヴァルハラへと導く戦乙女ワルキューレの一人として描かれており、ブリュンヒルデが登場する作品の中でも最も神秘的な存在となっている。

ワルキューレ時代[編集]

フェロー諸島で発行された郵便切手に描かれた『ヴォルスンガ・サガ』の一場面。ブリュンヒルド(ブリュンヒルデ)と父ブズリ。

ワルキューレとは前述の通り、戦死した兵士をヴァルハラへ導く存在であり、ブリュンヒルデもその一人であった。彼女たちは鎧に身を包み、自分の馬にまたがって騎行し、兵士をヴァルハラへ導いたり、戦争情勢を左右できる存在であった。そんな彼女らにとってオーディンの命は絶対的なものであり、逆らうなどとは考えもよらないことだった。

だが、ブリュンヒルデはヒャームグンナル王とアウザブロージル王の戦い(ニーベルングの指環では『フンディング家とヴォルズング家の戦いにおいて)、オーディンの命に逆らってアウザブロージル王(ヴェルズング家)を勝たせてしまった(『ニーベルングの指環』では、ジークムントの子(のちのジークフリート)を身ごもったその妹ジークリンデを保護し、逃がしてしまったからという原因とされている)。

そのことがオーディンの怒りに触れ、処罰されることになったのであった。すなわち、ブリュンヒルデの神性を奪い「恐れることを知らない」男と結婚させられてしまうことである(『ニーベルングの指環』では、結婚させられるのならとブリュンヒルデが望んだこととされている)。

それまで、ブリュンヒルデは燃え盛る焔のなかで眠り続けることになる。

アーサー・ラッカムによるニーベルングの指環』の一場面。眠らされているブリュンヒルデを見つけたジークフリート。

シグルズとの結婚[編集]

幾年かが過ぎ、シグルズ(ジークフリート)は成長し、レギンより受け取ったグラム(ニーベルングの指環では自身で鍛え上げたものとなっており、名前もグラムではなくノートゥング)を以ってフンディング家の討伐、ファヴニール退治などの功績をあげていた。

あるときシグルズは、山(ヒンダルフィヤル山)にやってくると鎧に身を包んだ人間を発見する。それはオーディンの命で眠らされたブリュンヒルデだった。ブリュンヒルデは目覚めると、自分の身の上を話す。二人は恋に落ち、やがて結婚した(サガではアスラウグという娘まで授かっている)。ブリュンヒルデは、ルーンのまじないやさまざまな知恵などをシグルズに教えた。

しかし、幸せは長く続かなかった。シグルズは山を後にして旅立ったからだ。 シグルズは旅の道中ブリュンヒルデの養父ヘイミルの館に立ち寄り、一度そこでブリュンヒルデと再会する。ブリュンヒルデはここを発った後、シグルズはギューキ一族のグズルーンと結ばれることを予言する。シグルズはそれを否定し、ブリュンヒルデと結婚するか、さもなくば誰とも結婚せず生涯を終えると神にも誓い、ブリュンヒルデも同様の誓いを口にするとシグルズは礼を言い、シグルズはアンドヴァリの腕輪(ニーベルングの指環では指環)をブリュンヒルデに託してヘイミルの館を後にした。

グンナルとの結婚[編集]

その後、ギューキ王の元を訪れたシグルズは、シグルズと娘グズルーンの結婚を望む王母によって忘れ薬を盛らされ、グズルーンと結婚する。

これによって知らないうちにブリュンヒルデを裏切る形となったシグルズは、義兄弟となったグンナルをブリュンヒルデと結婚させる魔女グリームヒルドの策に加担することとなった。ブリュンヒルデと結婚する為の条件を満たす為、炎を越えようとしたグンナルの馬が炎を越えられず、炎を越えられるシグルズの愛馬グラニもグンターを乗せるのを拒んだため、シグルズとグンナルは互いの姿を交換した。グンナルの姿のシグルズがグラニに乗って炎を越え、グンナルとしてブリュンヒルデに求婚する事になった(『ニーベルンゲンの歌』では、ブリュンヒルデが槍投げで自分に勝った者と結婚するという条件を出していた為、魔法の隠れ蓑タルンカッペを着たジークフリートがグンターを手助けし、勝利に導いた)。

ところが、グンナルとブリュンヒルデの結婚後、ギューキ王の館にてグズルーンがブリュンヒルデが水浴びの際に言い争いになり、グズルーンがブリュンヒルデとグンナルの結婚の際にシグルズが不正を働いた事をばらし、ブリュンヒルデを侮辱した。これを知ったブリュンヒルデは、誓いを破られて名誉を失ったとして結婚が偽計によって果たされたものならばシグルズかグンナルかブリュンヒルデ自身が死ななければならないと言った。その後、グンナルが義兄弟の契りに加わっていない弟グットルムをシグルズにけしかけ殺害させた。シグルズを殺害させたことを後悔したブリュンヒルデはシグルズの葬儀の際に自刃し、同じ棺に入り共に火葬され最期を迎えた。


参考文献[編集]

  • 菅原邦城『ゲルマン北欧の英雄伝説 ヴォルスンガ・サガ』東海大学出版会、1979年。