ブリストル XLRQ-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bristol XLRQ-1
Bristol XLRQ-1 in 1943.

ブリストル XLRQ-1(Bristol XLRQ-1)は1940年代はじめに開発されたアメリカ合衆国の水陸両用の12人乗りの輸送グライダーである。アメリカ合衆国、コネチカット州のブリストル・エアロノーティカルで製造された。1942年から1943年の間にアメリカ海兵隊のために開発されたが、1943年に開発中止となり、2機が製作されたのみで終わった。

概要[編集]

ドイツ軍の輸送用グライダーの成功によって、1941年5月からアメリカ海軍と海兵隊は輸送用グライダーの開発が始められた。12人乗りと、24人乗りのグライダーが計画され、海軍航空工廠(Naval Aircraft Factory )は既存のグライダーの設計を流用して木製またはプラスチック製のグライダーを要求した。武装した一連隊の715人を輸送するに必要な機数を配備する構想であった。飛行艇のコンソリデーテッドPBYによってグライダーを牽引する構想であった。

1942年に海兵隊はサウスカロライナ州のパリス島のページ基地にグライダー部隊を設立し、chweizer LNS-1 や Pratt-Read LNE-1、後に Aeronca LNR-1などのをグライダーで訓練を始めた。牽引には練習機 N3Nや水陸両用機 J2F Duckが用いられた。

海軍は海岸制圧を想定した12人乗りのグライダーの試作機をアライド・アヴィエーションとブリストルに、それぞれXLRA-1 XLRQ-1として発注された。設計的には成功し、それぞれ100機が発注された。海軍航空工廠でもLRN-1としてライセンス生産が計画された。

ブリストルに対して発注された4機の試作機のうち2機が完成した。引き込み脚で水上に着水することができた。

太平洋の防備された島の海岸をグライダーで制圧するは現実性がないと判断され、1943年に開発計画は中止された。

外部リンク[編集]