ブリストウ56C便不時着水事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブリストウ56C便
Dryfujący śmigłowiec Aerospatiale AS332L Super Puma.JPG
不時着水後のブリストウ56C便の写真
事故の概要
日付 1995年1月19日
概要 落雷の直撃によるテールローターの故障
現場 北海の6マイル南西にあるブレイ アルファ石油リグ[1]
北緯58度42分 東経1度18分 / 北緯58.700度 東経1.300度 / 58.700; 1.300座標: 北緯58度42分 東経1度18分 / 北緯58.700度 東経1.300度 / 58.700; 1.300
乗客数 16
乗員数 2
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 0
生存者数 18(全員)
機種 ユーロコプター AS332L スーパー ピューマ
機体名 カレン
運用者 ブリストウ・ヘリコプターズ
機体記号 G-TIGK[2]
出発地 イギリスの旗 イギリス スコットランド アバディーン空港
目的地 北海 ブレイ油田 ブレイ アルファ石油リグ
テンプレートを表示

ブリストウ56C便不時着水事故(ブリストウ56Cびんふじちゃくすいじこ、英語: Bristow Flight 56C )とはアバディーン空港とブレイ アルファ石油リグ間を飛行するヘリコプターが北海に不時着した事故である。1995年1月19日、カレンと呼ばれる機体記号:G-TIGKのAS332L スーパー ピューマ ヘリコプターが運航中に雷に打たれたが、乗員乗客合わせて18名の全員が生存した。

事故当日のブリストウ56C便[編集]

同型機のAS-332
  • 乗客:16名
  • コックピットクルー:2名
    • 機長:44歳・男性
      • 飛行時間:9,600時間以上
    • 副操縦士:39歳・男性
      • 飛行時間:3,100時間以上

事故[編集]

引き上げられた事故機

ヘリコプターは飛行中に悪天候に遭遇し、雷が直撃してテールローターを故障させた。ヘリコプターは数分間飛行を続けたが、パイロットは荒波の上への緊急オートローテーションの実行を余儀なくされた。ヘリコプターの緊急用フロートにより乗客と乗組員は救命ボートに避難することができた。高波と悪天候にもかかわらず、乗員乗客は全員無事に救助された。

雷は雲の中で孤立したもので、飛行していたヘリコプターにより誘発された可能性があった。調査により複合材料を使用したブラスストリップ(brass strip)デザインのローターブレードは落雷による爆発とダメージを受けやすいという潜在的な問題が明らかになった[3]

映像化[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 航空安全ネットワーク
  2. ^ "G-INFO Database". Civil Aviation Authority.
  3. ^ Trimble, E J (1997年 6月), アエロスパシアル AS332L スーパー ピューマ G-TIGK 北海での事故に関する報告書, HMSO, http://www.aaib.gov.uk/cms_resources.cfm?file=/2-1997%20G-TIGK.pdf 

外部リンク[編集]