ブランドン・ビーチー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブランドン・ビーチー
Brandon Beachy
ロサンゼルス・ドジャース(マイナー)
Beachy6.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 インディアナ州コーコモー
生年月日 1986年9月3日(30歳)
没年月日 37
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 アマチュア・フリーエージェントとしてアトランタ・ブレーブスと契約
初出場 2010年9月20日
年俸 $1,500,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブランドン・アラン・ビーチーBrandon Alan Beachy, 1986年9月3日 - )は、アメリカ合衆国インディアナ州コーコモー出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBロサンゼルス・ドジャース傘下所属。

経歴[編集]

プロ入りとブレーブス時代[編集]

2008年MLBドラフトでは指名を受けなかったが、アマチュア・フリーエージェントとしてアトランタ・ブレーブスと契約を結んだ。

2010年9月20日フィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビューを果たした。

2011年は先発ローテーションの5番手として開幕を迎える。4月19日、シーズン4試合目となるロサンゼルス・ドジャース戦でメジャー初勝利を挙げる。6月22日トロント・ブルージェイズ戦で自己最多の11個の三振を奪うなど、シーズンを通して投球回を上回る169個の三振を奪った。

2012年5月17日マイアミ・マーリンズ戦でメジャー初完投・初完封を記録するなど、一時防御率がリーグ1位になるも[2]6月21日トミー・ジョン手術を受けシーズンを終了した[3]

2013年は約1年ぶりとなる7月19日に復帰し、その後は先発ローテーション入りを果たす。オフの12月16日に1年契約を結んだ[4]

2014年3月23日に2度目のトミー・ジョン手術を行うため、15日間の故障者リスト入りした[5]。3月29日に60日間の故障者リストへ異動し[6]、そのままシーズンを終えた。オフの12月2日にノンテンダーFAとなった[7]

ドジャース時代[編集]

2015年2月21日にドジャースと翌年のオプション付きの1年契約を結んだ[8]。開幕は故障者リストで迎え、7月11日に2年ぶりにメジャーへ復帰した[9]。7月30日にDFAとなった[10]。8月3日にマイナー契約でAAA級オクラホマシティ・ドジャースに異動した[11]

2016年1月6日、ドジャースと1年150万ドルでメジャー契約を結んだが[12]、1月27日に40人枠から外れAAA級オクラホマシティに降格した。スプリングトレーニングには参加する[13]

投球スタイル[編集]

90mph(約144.8km/h)ほどのフォーシーム・ファストボールととチェンジアップカーブスライダーを武器とする。[14]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 ATL 3 3 0 0 0 0 2 0 0 .000 67 15.0 16 0 7 3 0 15 1 0 9 5 3.00 1.53
2011 25 25 0 0 0 7 3 0 0 .700 591 141.2 125 16 46 9 5 169 11 1 62 58 3.68 1.21
2012 13 13 1 1 0 5 5 0 0 .500 319 81.0 49 6 29 1 1 68 4 0 57 18 2.00 0.96
2013 5 5 0 0 0 2 1 0 0 .667 120 30.0 27 5 4 0 0 23 2 0 17 15 4.50 1.03
通算:4年 46 46 1 1 0 14 11 0 0 .560 1097 267.2 217 27 86 13 6 275 18 1 112 96 3.23 1.13
  • 2013年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 37 (2010年 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ Brandon Beachy Contract, Salary Cap Details & Breakdowns” (英語). Spotrac. 2016年1月6日閲覧。
  2. ^ Beachy has partially torn elbow ligament” (英語). MLB.com (2012年6月18日). 2016年1月28日閲覧。
  3. ^ Zack Meisel (2012年6月21日). “Beachy undergoes Tommy John surgery” (英語). MLB.com. 2016年1月28日閲覧。
  4. ^ “Braves agree to terms with Pitcher Brandon Beachy” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Atlanta Braves), (2013年12月16日), http://m.braves.mlb.com/news/article/66012176 2016年1月28日閲覧。 
  5. ^ “Braves place five pitchers on disabled list” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Atlanta Braves), (2014年3月23日), http://m.mlb.com/news/article/69959956 2014年3月24日閲覧。 
  6. ^ “Braves set 2014 Opening Day roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Atlanta Braves), (2014年3月29日), http://m.braves.mlb.com/news/article/70434044 2016年1月28日閲覧。 
  7. ^ “Braves non-tender three players” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Atlanta Braves), (2014年12月2日), http://m.braves.mlb.com/news/article/102992492/braves-non-tender-three-players 2016年1月28日閲覧。 
  8. ^ Ken Gurnick (2015年2月21日). “Dodgers ink Beachy to a one-year deal” (英語). MLB.com. http://m.dodgers.mlb.com/news/article/109934528/dodgers-sign-pitcher-brandon-beachy-to-a-one-year-deal 2015年1月28日閲覧。 
  9. ^ Eric Stephen (2015年7月11日). “Dodgers option Josh Ravin, DFA Matt West to make room for Brandon Beachy” (英語). True Blue LA / SB Nation. Vox Media, Inc.. 2016年1月28日閲覧。
  10. ^ Eric Stephen (2015年7月30日). “Dodgers DFA Mike Morse, Brandon Beachy, Chris Heisey, Chin-hui Tsao, move Chris Hatcher to 60-day DL” (英語). True Blue LA / SB Nation (Vox Media, Inc.). http://www.truebluela.com/2015/7/30/9076765/dodgers-roster-clean-house-brandon-beachy-mike-morse-chris-heisey-dfa 2015年7月31日閲覧。 
  11. ^ Sean d'Oliveira (2015年8月3日). “Dodgers pitcher Brandon Beachy heads to Triple-A” (英語). CBS Sports FANTASY (CBS Interactive). http://www.cbssports.com/fantasy/baseball/news/dodgers-pitcher-brandon-beachy-heads-to-triple-a/ 2016年1月28日閲覧。 
  12. ^ Steve Dilbeck (2015年1月6日). “Dodgers are giving the Brandon Beachy effort a second try” (英語). Los Angeles Times. http://www.latimes.com/sports/dodgers/dodgersnow/la-sp-dn-brandon-beachy-20160106-story.html 2015年1月7日閲覧。 
  13. ^ Ken Gurnick (2016年1月27日). “Dodgers option Beachy to Triple-A” (英語). 2016年1月28日閲覧。
  14. ^ Player Card: Brandon Beachy” (英語). Brooks Baseball. Baseball Prospectus. 2016年1月28日閲覧。

外部リンク[編集]