ブランシュ・ド・ナヴァール (1226-1283)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブランシュ・ド・ナヴァール
Blanche de Navarre
Blanche de Navarre (1226-1283).jpg
ブランシュ・ド・ナヴァールの横臥像。エンヌボンのノートルダム・ド・ジョワ教会所蔵。
出生 1226年
死去 1283年
配偶者 ブルターニュジャン1世
父親 ナバラテオバルド1世
母親 アニェス・ド・ボージュー
テンプレートを表示

ブランシュ・ド・ナヴァール (Blanche de Navarre、1226年 - 1283年)は、ブルターニュジャン1世の妃。ナバラテオバルド1世とアニェス・ド・ボージューの子。

1236年、ジャン1世と結婚した。2人は8子をもうけた。

  • ジャン2世(1239年 - 1305年) - ブルターニュ公
  • ピエール(1241年 - 1268年) - ディナン、エデ、レオン、エンヌボン、ラ・ロッシュ=デリアン領主
  • アリックス(1243年 - 1288年) - ブロワおよびシャルトル伯ジャン1世・ド・ブロワ=シャティヨンの妻
  • ティボー(1245年 - 1246年) - サン=ジルダ=ド=リュイス教会に埋葬
  • ティボー(1247年没)- サン=ジルダ=ド=リュイス教会に埋葬
  • アリエノール(1248年没)- サン=ジルダ=ド=リュイス教会に埋葬
  • ニコラ(1249年 - 1251年)- サン=ジルダ=ド=リュイス教会に埋葬
  • ロベール(1251年 - 1259年) - ナントのコルドリエ会修道院教会に埋葬