ブランコ・イバンコビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブランコ・イバンコビッチ

ブランコ・イヴァンコヴィチBranko Ivanković1954年2月28日 - )は、クロアチア出身のサッカー選手、サッカー指導者。

来歴[編集]

指導者として頭角を現したのは1998年フランスW杯で、彼はミロスラヴ・ブラジェビッチ監督の元でクロアチア代表のアシスタントコーチを務め、同代表チームを3位という大躍進に導いた。

その後、1999年ドイツに渡り、ハノーファーの監督を1シーズン務めた。2000年からはミルコ・ヨジッチ監督の元で、再度クロアチア代表のアシスタントコーチを務めた。

2001年イラン代表のコーチとなり、翌年2月に監督に指名される。在任7か月で一度退くが、2003年10月12日に再び就任し、ニュージーランド戦から指揮を執った。その後はイラン五輪代表監督などを歴任。 2006年ドイツ開催のワールドカップ・アジア予選ではアジア最強の攻撃力と破壊力を武器に快進撃を続け、最終予選では初戦のバーレーン戦でスコアレスドローという不穏な空気が漂ったものの、日本戦では攻守ともに冴えをみせ2-1で勝利をおさめ、波に乗った。そして、イラン代表としては2大会ぶり3度目の本大会出場へ導いた。しかし、チームは本大会で2敗1分けと不本意な結果に終わり、大会終了後に解任された。

帰国後、フロントと対立して解任されたヨシップ・クゼに代わり、ディナモ・ザグレブ監督に就任。リーグ連覇、国内リーグ28連勝とチームを国内で無敵のチームに育てあげた。また、UEFAカップではアヤックスに勝利するなど国際試合でも活躍をみせたがチーム作りをめぐりフロントと対立し、2008年1月に解任された。 しばらく、無職の状態が続いたものの、フロントと和解したことから2008年5月にディナモ・ザグレブの監督に復帰した。しかし、かつての強さを取り戻せず不安定な戦いが続いたことから12月に解任された。

2010年、中国リーグ山東魯能の監督に就任した。

選手経歴[編集]

指導経歴[編集]