コマン・ブラディミル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にブラディミル・コマンと表記することもあります。
コマン・ブラディミル Football pictogram.svg
Vladimir Koman.jpg
名前
ラテン文字 Vladimir Koman
ハンガリー語
ウクライナ語
Koman Vladimir
Володимир Володимирович Коман
基本情報
国籍  ハンガリー
生年月日 (1989-03-16) 1989年3月16日(28歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ウージュホロド
身長 173cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム トルコの旗 アダナスポル
ポジション MF (WG, OMF)
背番号 77
ユース
ラルコーUFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2005 ハンガリーの旗 ソンバトヘイ 25 (3)
2005-2012 イタリアの旗 サンプドリア 35 (0)
2008-2009 イタリアの旗 アヴェッリーノ (loan) 28 (4)
2009-2010 イタリアの旗 バーリ (loan) 16 (2)
2012 モナコの旗 モナコ 17 (0)
2012-2014 ロシアの旗 FCクラスノダール 26 (1)
2013-2014 ロシアの旗 ウラル (loan) 17 (1)
2015-2016 ハンガリーの旗 ディオーシュジュール 36 (3)
2016- トルコの旗 アダナスポル
代表歴2
2005-2006 ハンガリーの旗 ハンガリー U-17 9 (1)
2006-2007 ハンガリーの旗 ハンガリー U-19 9 (1)
2008-2009 ハンガリーの旗 ハンガリー U-20 11 (6)
2009-2010 ハンガリーの旗 ハンガリー U-21 5 (2)
2010-2014 ハンガリーの旗 ハンガリー 36 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年10月5日現在。
2. 2015年8月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

コマン・ブラディミルハンガリー語: Vladimir Koman[1], 1989年3月16日 - )は、ウクライナウージュホロド出身でハンガリー国籍のサッカー選手スュペル・リグアダナスポル所属。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

ウクライナ・ソビエト社会主義共和国ウージュホロド生まれた[2]。サッカー選手であった父親のヴォロディームィル英語版が1990年、ハンガリーソンバトヘイ・ハラダーシュに移籍したことに伴い家族で引っ越し、そのまま同国に定住した[3]

ラルコーUFCでサッカーを始め[2]、15歳の時にソンバトヘイ・ハラダーシュと契約を結び、リーグ戦デビューを果たした[3]。2005年、16歳の時にUCサンプドリアに移籍すると、2006年にトップチームに昇格した[2]。2007年4月7日のトリノFC戦でリーグデビューを果たし、この試合でエミリアーノ・ボナッツォーリのゴールをアシストした[2]。また、このシーズンにはトロフェオ・ジャチント・ファッケッティのタイトルを獲得した。2008-09シーズンはUSアヴェッリーノへレンタル移籍し、2009-10シーズンはセリエAに昇格したASバーリにレンタル移籍した。

2012年1月31日、ASモナコに4年半契約で移籍し[4]、2011-12シーズンには17試合に出場した[5]

同年7月14日、ロシアのFCクラスノダールに3年契約で移籍をした[3][6]。2012-13シーズンには26試合に出場したが[5]、2013-14シーズンは出場機会を求めてFCウラル・スヴェルドロフスク・オブラストにローンで加入した[7]

2015年2月3日、NB IディオーシュジュールVTKに移籍した[8]

代表[編集]

ハンガリーU-19代表のキャプテンとしてUEFA U-19欧州選手権2008に出場。2009年にはFIFA U-20ワールドカップに出場し[2]、6試合で5ゴール3アシストをあげる活躍を見せ同国の4位入賞に貢献した[9][10]

ハンガリー代表としてはエルウィン・クーマンの下で2010年に初招集され、同年5月29日ブダペストで行われたドイツ代表との国際親善試合でデビューした(試合は0-3でハンガリーの敗戦)[11][12]。クーマンの後任として監督に就任したエゲルヴァ―リ・シャーンドル英語版の下でも引き続き招集を受け、同年から始まったUEFA EURO 2012予選では10試合に出場し、同年9月7日のモルドバ代表戦で代表初ゴールを挙げた[12]

2012年から始まった2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では9試合に出場し[12]、同年10月16日に行われたトルコ代表戦では同点ゴールをあげる活躍を見せたが(試合は3-1でハンガリーの勝利)[13]、2013年10月15日に行われたアンドラ代表戦の結果、本大会出場を逃した[14]

個人記録[編集]

代表での成績[編集]

出典[12]
ハンガリー代表
国際大会 親善試合 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点
2010 4 2 3 0 7 2
2011 6 1 5 2 11 3
2012 3 2 4 0 7 2
2013 6 0 3 0 9 0
2014 0 0 2 0 2 0
2015 0 0 0 0 0 0
合計 19 5 17 2 36 7

代表での得点[編集]

出典[12]

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

代表[編集]

個人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ウクライナ語名はヴォロディームィル・ヴォロディームィロヴィチ・コマンВолодимир Володимирович Коман), ロシア語名はヴラジーミル・ヴラジーミロヴィチ・コマンВладимир Владимирович Коман)。
  2. ^ a b c d e Paternal influence guides Koman”. FIFA.com (2009年10月5日). 2016年7月9日閲覧。
  3. ^ a b c Игроком «Краснодара» стал Владимир Коман”. Футбольный клуб «Краснодар» (2012年7月14日). 2016年7月9日閲覧。
  4. ^ Koman seals Monaco switch”. skysports.com (2012年1月31日). 2016年7月9日閲覧。
  5. ^ a b Koman Vladimir (Ungvár 1989.03.16 - )”. Magyarfutball.hu. 2016年7月9日閲覧。
  6. ^ В "Краснодар" из "Монако" перешел футболист сборной Венгрии”. Российская газета (2012年7月15日). 2016年7月9日閲覧。
  7. ^ Владимир Коман переходит в «Урал» на правах аренды”. Футбольный клуб «Краснодар» (2013年9月16日). 2016年7月9日閲覧。
  8. ^ Koman Vladimir a DVTK játékosa”. DVTK.eu (2015年2月3日). 2016年7月9日閲覧。
  9. ^ Hungary win battle for bronze”. FIFA.com (2009年10月16日). 2016年7月9日閲覧。
  10. ^ FIFA U-20 World Cup Egypt 2009 Statistics”. FIFA.com (2009年10月16日). 2016年7月9日閲覧。
  11. ^ Ungarn-Deutschland 0:3 (0:1)”. DFB.de. 2010年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月9日閲覧。
  12. ^ a b c d e Koman Vladimir: mérkőzések”. Magyarfutball.hu. 2016年7月9日閲覧。
  13. ^ Hungary battle back to beat Turkey”. UEFA.com (2012年10月16日). 2016年7月9日閲覧。
  14. ^ Debutant Nikolić inspires Hungary win in vain”. UEFA.com (2013年10月15日). 2016年7月9日閲覧。