ブラッド・レンフロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブラッド・レンフロ
Brad Renfro
ブラッド・レンフロ Brad Renfro
2000年撮影
本名 Brad Barron Renfro
生年月日 (1982-07-25) 1982年7月25日
没年月日 (2008-01-15) 2008年1月15日(25歳没)
出生地 テネシー州ノックスビル
死没地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優、ミュージシャン
活動期間 1994-2008
著名な家族 (息子)[1][2]
主な作品
依頼人
ゴールデンボーイ
 
受賞
第11回東京国際映画祭
最優秀男優賞『ゴールデンボーイ』
テンプレートを表示

ブラッド・レンフロBrad Renfro、本名:Brad Barron Renfro、1982年7月25日 - 2008年1月15日)は、アメリカ合衆国俳優。代表作『ゴールデンボーイ』『BULLY ブリー[3]

生涯[編集]

生い立ち[編集]

テネシー州ノックスビル出身。母アンジェラと父マークは青写真工場で働いていた[4]。幼少期は父が麻薬に浸かっていた為、貧しい生活をおくっていたが、5歳の頃に両親が離婚したのを契機に父方の祖母に引き取られ、育てられる[5]

趣味はギターを演奏することや詩・小説を書くことで、特に物語を作ることに関しては幼い頃からその才能を開花させ、自らドラッグ禁止キャンペーンのCMシナリオを書き上げ、売人役で出演した。それを見た警察官が彼の演技を高く評価し、『依頼人』のオーディションを受けることを勧められ、5,000人の応募者の中から主演に選ばれる。ちなみに、彼を見出したキャスティングディレクターは『ターミネーター2』で一躍有名になったエドワード・ファーロングを見出した人物でもある。

俳優活動[編集]

デビュー当初は少年俳優特有の容姿から特に女性からの支持を多く集めた。1998年の映画『ゴールデンボーイ』での演技が評価され、第11回東京国際映画祭 最優秀男優賞を受賞した。また、ドラッグに溺れたことから一時キャリアが低迷したが、『BULLY ブリー』では主演兼アシスト・プロデューサーを務め、大きな反響を呼び、来日を実現させた。これまでに彼は『マイ・フレンド・フォーエバー』、『17 セブンティーン』の公開で2度来日していた。また、俳優業のかたわら「フローダッドバンド」(Frodad)というバンドのボーカル、作詞、ギターも務めていた。

私生活[編集]

プライベートでは問題が多く、1998年にコカインマリファナ所持で逮捕、2001年にヨットを盗もうとして逮捕され2年間の保護観察と罰金を科せられた。2001年には未成年の飲酒で、2002年には飲酒運転・免許を持たずに運転して逮捕。2005年にはヘロインを購入しようとして逮捕されている。2006年には飲酒運転で10日間収監[6]。また、2007年には18か月から3年にわたる薬物治療プログラムへの参加が確認されていないことが発覚した[1]

[編集]

2008年1月15日、ロサンゼルスの自宅で急死[7]、25歳没。死因は、ヘロイン過剰摂取である。なお彼の死から3週間たたずに、育ての親であり彼を溺愛していた祖母のジョアンも死去(自然死)した。

最期の出演作は『インフォーマーズ セックスと偽りの日々』。共演はビリー・ボブ・ソーントンキム・ベイシンガーミッキー・ローククリス・アイザックウィノナ・ライダー等、ここ数年の出演作の中では錚々たる顔ぶれの作品であった。

主な出演作[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1994 依頼人
The Client
マーク
1995 マイ・フレンド・フォーエバー
The Cure
エリック
トム・ソーヤーの大冒険
Tom and Huck
ハックルベリー・フィン
1996 スリーパーズ
Sleepers
マイケル・サリヴァン(少年時代)
1997 17 セブンティーン
Telling Lies in America
チャッキー
1998 ゴールデンボーイ
Apt Pupil
トッド・ボウデン
2000 誘惑の接吻
Skipped Parts
Dothan Talbot
2001 The Theory of the Leisure Class ビリー 日本未公開
Happy Campers ウィチタ 日本未公開
Tart ウィリアム 日本未公開
BULLY ブリー
Bully
マーティ
ゴーストワールド
Ghost World
ジョシュ
2002 デュースワイルド
Deuces Wild
ボビー
American Girl ジェイ
2003 The Job トロイ 日本未公開
2004 Mummy an' the Armadillo ワイアット 日本未公開
2005 ジャケット
The Jacket
ストレンジャー
2006 10th & Wolf ヴィンセント 日本未公開
2008 インフォーマーズ セックスと偽りの日々
The Informers
ジャック

CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b Brad Renfro Had a Son -- Who Knew?” (英語). TMZ - Thirty Mile Zone (2008年1月22日). 2021年10月21日閲覧。
  2. ^ Brad Renfro was Somone’s Dad” (英語). Celeb Warship. 2016年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月19日閲覧。
  3. ^ ハリウッドに衝撃走る。20代スターの相次ぐ死に悲しみの声が続々 : 映画ニュース”. 映画.com (2008年1月25日). 2021年10月21日閲覧。
  4. ^ Brad Renfro Biography (1982-)” (英語). Film Reference.com. 2021年10月21日閲覧。
  5. ^ Weinraub, Bernard (1994年7月12日). “For 'Client,' a Survivor, Age 10” (英語). The New York Times. https://www.nytimes.com/1994/07/12/movies/for-client-a-survivor-age-10.html 2021年10月21日閲覧。 
  6. ^ Actor Brad Renfro, 25, found dead in his home” (英語). Los Angeles Times (2008年1月16日). 2021年10月21日閲覧。
  7. ^ 『マイ・フレンド・フォーエバー』の俳優ブラッド・レンフローが死去、25歳 写真1枚 国際ニュース”. AFPBB News. クリエイティヴ・リンク (2008年1月16日). 2021年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]