ブラッド・ケイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブラッド・ケイン
Brad Kane
生誕 Bradley Caleb Kane
(1973-09-29) 1973年9月29日(46歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューロシェル
職業 歌手俳優脚本家
活動期間 1982年
配偶者 サラ・トンプソン
音楽家経歴
ジャンル
担当楽器 ボーカル
公式サイト www.myspace.com/bradcalebkane ウィキデータを編集

ブラッド・ケイン(ブラッドリー・カレブ・ケイン、Bradley Caleb Kane、1973年9月29日-)は、アメリカ合衆国歌手俳優脚本家ウォルト・ディズニー制作のアニメーション映画アラジン』挿入歌の男声パートや、テレビドラマBlack Sails/ブラック・セイルズ』のプロデューサー兼脚本として知られている。

経歴[編集]

1973年9月29日に、ニューヨーク州ニューロシェルで生まれる。ケインの役者としての初作品は1982年公開のシックス・ウィークス英語版における子役であった。8歳の時には、『エビータ』のブロードウェイ公演時の少年合唱担当4人のうちの1人として役を得ていた。その作品に4ヵ月間出演した後、ブロードウェイ前に行われたスティーヴン・ソンドハイムの『サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ英語版』のワークショップへと移り、バーナデット・ピーターズマンディ・パティンキンといった俳優らと共演した。11歳になると、障害児向けの慈善活動であるチャリティー・コンサート「Very Special Arts」に参加し、ホワイトハウスジョン・F・ケネディ・センターにて当時のナンシー・レーガン大統領夫人のために歌唱する機会を与えられた。

彼は『ロー&オーダー』や『ワン・ライフ・トゥ・リヴ』、『ガイディング・ライト』や『サーチ・フォー・トゥモロー英語版』など、多くのCMテレビ番組にも出演してきた。彼はまた、Nickelodeonシリーズ『Rated K Update』のホストを務め、『Girl Talk』と呼ばれるインタビュー番組のアシスタントコンダクターでもある。演劇においての彼のクレジットには、『タイタス・アンドロニカス』の公演における少年時代のルーシアス役と、ジェームズ・ラピン英語版によるリンカーン・センターでの『冬物語』の公演における2つの役が含まれている。1992年には、ディズニー映画『アラジン』とその続編の主人公アラジンの歌声を担当し、翌年にはそのヒロインであるジャスミンの歌声をあてたレア・サロンガとともに、第65回アカデミー賞歌曲賞に選ばれたヒット曲『ホール・ニュー・ワールド』のライブ版を制作した。[1][2]

1993年、ブロードウェイで再上演された『シー・ラヴズ・ミー英語版』ではアーパッド・ラズロ役を演じた。また、1999年に放送されたテレビドラマバフィー 〜恋する十字架〜』の第3シーズン第20話にてタッカー・ウェルズ役を演じ、同第4シーズン第17話ではジョナサン・レビンソンの歌声を担当した。カレブ・ケイン(Caleb Kane)名義としては、2003年公開のホラー映画デビルズ・ポンド英語版』の劇中歌『This Close』をリリースし、翌2004年には、アルバム『This Day in History』のプロモーション用メッセージボード付きのウェブサイトを開設した。2005年9月11日香港ディズニーランド開園前夜のセレモニーに招待された際には、香港ポップス容祖児とともに『ホール・ニュー・ワールド』を披露した。2006年3月にはファーストシングル『Go Mad』をリリースしたが、この曲のミュージック・ビデオにはシングル用の通常盤と、2007年のテレビドラマ『ブラック・ドネリーズ英語版』にて流れた『In Your Own Way』用のプロモーション映像の2種類が存在する。

2007年7月28日には女優のサラ・トンプソンと結婚し[3]2008年にはファーストアルバムとして『This Day in History』がリリースされた。同年の秋にはフォックス放送系列のテレビドラマ『FRINGE/フリンジ』に脚本家および共同製作者の一員として参加した。第6話「不治の病(The Cure)」ではフェリシア・D・ヘンダーソン英語版と、第12話「殺人プログラム(The No-Brainer)」ではデイヴィッド・H・グッドマン英語版と、第15話「幽閉(Inner Child)」ではジュリア・チョウ英語版と、それぞれ共同で脚本を担当し、その第2シーズンまで携わった。2011年6月7日には、一時中断していた 『デアデビル』プロジェクトの再始動に関わっていることが発表された[4]

2014年からは『Black Sails/ブラック・セイルズ』のプロデューサーを務めたほか[5][6]2018年には音声ファイル共有サービスSoundCloudにNEGATIVE PICKUPという名で楽曲を公開した[7]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Classic by The Misconceptions (Brad's College band) (1993)
  • This Day in History (2008)
  • Negative Pickup (2018)

デジタルアルバム[編集]

  • "Go Mad"
  • "In Your Own Way"
  • Selections

その他のアルバム[編集]

  • The Artist Lounge Album
  • Ahead of the Curve (EP)

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

テレビ出演[編集]

ビデオゲーム[編集]

プロデューサー[編集]

脚本[編集]

原案[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 'I'm part of a wonderful legacy': Brad Kane reflects on being the voice of Aladdin”. 6abc Philadelphia. 2015年11月6日閲覧。
  2. ^ Aladdin stars reunite to sing A Whole New World”. Digital Spy (2015年10月11日). 2015年11月6日閲覧。
  3. ^ Sarah Thompson Married To Brad Kane Since 2007, Are They Happy Together? Married Life & Child”. Frostsnow (2017年9月10日). 2019年10月25日閲覧。
  4. ^ Fox's 'Daredevil' Relaunch Hires 'Fringe' Writer Brad Caleb Kane”. The Hollywood Reporter. 2015年11月6日閲覧。
  5. ^ 25 Secrets About the Making of Disney's Aladdin, Plus Major News for Robin Williams Fans”. Glamour. 2015年11月6日閲覧。
  6. ^ WAMG Interview: Brad Kane - The Singing Voice of Disney's ALADDIN - We Are Movie Geeks” (英語). We Are Movie Geeks. 2015年11月6日閲覧。
  7. ^ https://soundcloud.com/user-852076851

外部リンク[編集]