ブラックナイト衛星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
STS-88ミッションで撮影されたブラックナイトといわれる物体

ブラックナイト衛星: Black Knight satellite)は極軌道近くで地球を周回しているとされる、存在の疑わしい物体。一説ではおよそ13,000年前から存在し、地球外生命に由来すると考えられている[1][2]

解説[編集]

ブラックナイト(黒騎士)の名称の起源は明らかではない[1]。本来の「黒騎士」とは、紋章を塗りつぶし出自が明らかではない騎士を指す言葉である。

人類の手によらない人工衛星が地球を周回しているというミステリーの発端は、1954年セントルイス・ポスト・ディスパッチ英語版サンフランシスコ・エグザミナーの2紙を含む新聞に掲載された、アメリカ空軍が地球を周回する2つの衛星の存在を報告したという記事である[3](この当時、人類はまだ衛星の打ち上げに成功していない)。これには冥王星の発見で知られる天文学者クライド・トンボーも関わっているとされた[4]。この記事は、UFO研究家ドナルド・キーホーの1953年の書籍『外宇宙からの空飛ぶ円盤英語版』の内容にトンボーの研究内容を組み合わせたもので[4]、書籍のプロモーション記事だという見方もある[1]。当時のトンボーは軍の依頼によって、宇宙開発の障害となる自然天体の有無を調査していた[4]

1960年2月、新聞記事はアメリカ海軍赤道面から79度傾いた軌道を公転周期104.5分で周回している暗く回転する物体を発見したと報じた。これはかなり特異な軌道を持ち、遠点が1728キロメートル、近点はわずか216キロメートルだとしている。この物体は、世界のどの国からも所有を表明されなかった。後の公開情報によれば、当時の海軍は非常に似た軌道へ打ち上げられたコロナ偵察衛星(ディスカバラー8号)から落下した部品を追跡していたとされる。ディスカバラー8号は1960年5月に大気圏に再突入して燃え尽きており、同時期に周辺の破片も大気圏内に落ちたと思われる。[3][1][5]

1973年スコットランドの天文研究者でSF作家のダンカン・ルナン英語版は1920年代に検出された異常な電波信号の記録を解析し、信号は13,000年前からの近くに存在していた探査機から送信されたメッセージであり、探査機の起源をうしかい座イプシロン星(イザール)であると推定した[1]。これが引用され「ブラックナイト衛星は地球外生命に由来し、13,000年にわたって地球を周回している」という説の根拠とされている。しかしルナンは少なくとも地球を周回する衛星については言及しておらず、探査機の位置は月と地球のトロヤ点(ラグランジュ点のL4またはL5)だとする[6]。またブラックナイト衛星については自分とは無関係のナンセンスだとコメントしている[1]

1998年に行われた国際宇宙ステーション計画のSTS-88ミッションにおいて写真撮影された物体が、ブラックナイト衛星であるという説が広く主張されている[7]。しかし、これは船外活動の間に船体から外れてしまった熱ブランケットである可能性が高い。宇宙開発ジャーナリストジェームズ・オバーグ英語版によればブランケットは軌道を離れて落下し約1週間後に燃え尽きたという[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g Redpath, Martina (2013年11月19日). “The Truth About the Black Knight Satellite Mystery”. Armagh Planetarium英語版. 2015年6月14日閲覧。
  2. ^ “13000 year old alien satellite orbiting Earth”. Voice of Russia. (2013年8月8日). http://sputniknews.com/voiceofrussia/news/2013_08_08/13000-year-old-Alien-satellite-orbiting-Earth-7824/ 2016年3月8日閲覧。 
  3. ^ a b Dunning, B. (2013年6月4日). “The Black Knight Satellite”. Skeptoid Media Inc.. 2014年3月10日閲覧。
  4. ^ a b c Redpath, Martina (2013年7月18日). “Clyde Tombaugh and the Mysterious Satellite”. Armagh Planetarium. 2015年6月14日閲覧。
  5. ^ Editors (1960年3月7日). “Science: Space Watch's First Catch”. TIME Magazine. http://content.time.com/time/magazine/article/0,9171,894745-1,00.html 2014年4月9日閲覧。 
  6. ^ Michael S. Collins and the Winterwind staff. “An Interview with Duncan Lunan - Part Two - Unabridged Version”. Winterwind Productions. 2015年8月23日閲覧。
  7. ^ James Oberg (2014年10月21日). “Phantom satellite? What IS it? What ISN’T it? WHY the confusion?”. 2016年3月8日閲覧。