ブラッキー (マリオシリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリオシリーズ > キャラクター > ブラッキー (マリオシリーズ)

ブラッキー (Blackey、欧米ではForeman Spike) は、任天堂が発売したコンピュータゲームソフトのシリーズ、マリオシリーズに登場する架空の人物。

概要[編集]

1985年昭和60年)6月18日発売のファミリーコンピュータソフト『レッキングクルー』に登場(アーケード版には登場しない)。顔にアゴヒゲがあり茶色のヘルメットオーバーオールサングラスを身に付け、壁の裏側からプレイヤーのマリオルイージの邪魔をするライバルキャラクター。別名「いじわるおじさん」。マリオのライバルとしては、同年9月13日発売の『スーパーマリオブラザーズ』で初登場したクッパよりも前に登場している。

しかしそれ以降、出演作品はしばらく無く「知る人ぞ知る」キャラクターとなっていった。

1989年平成元年)に『ファミコン通信』の読者投稿コーナー「ファミ通町内会」にて『ブラッキー'89』( - エイティーナイン)という4コマ漫画が掲載された。内容はマリオとルイージがそれぞれ「マリオでーす」「ルイージでーす」と挨拶すると観客たちの歓声と拍手に包まれたのに対し、ブラッキーが「ブラッキーでーす」と挨拶すると歓声も拍手も無く、観客たちから「誰だ、それ?」と言われるというもの。

その後、同誌にゲーム業界漫画『あんたっちゃぶる』を連載していた鈴木みそは、『ブラッキー'89』をきっかけに、ブラッキーを主人公としたゲーム世界を映画の俳優業に見立てた世界感の「ゲーム同窓会をどうそうかい」(単行本4巻収録)を描いた[1]。ゲーム役者がプライドを保ちながらも、仕事が無いまま業界にしがみつくその哀愁漂う姿は読者の人気を呼び、あんたっちゃぶる連載終了後に『ファミ通』で連載された、続編的作品の『おとなのしくみ』においても何度か再登場した。後述の「レッキングクルー'98」や「モバイルゴルフ」の発売時期にも、ゲーム役者としてのブラッキーのその後のストーリーが描かれて、このブラッキー関連の話は計4話(内1話は前後編2回構成)が描かれている。

1998年1月1日スーパーファミコンニンテンドウパワー書き換え)ソフト『レッキングクルー'98』にて13年ぶりの再登場を果たす。その際にはワリオに似たキャラクターデザインとなっている。また、一瞬だがブラッキーの声を聞くことができる。この作品ではクッパと一時的に手を組むことになる。

2001年5月11日に発売されたゲームボーイカラーソフト『モバイルゴルフ』にはブラッキーが登場し、モバイルシステムGBを使ってマリオキャラをダウンロードすることが可能だったが、現在はサービスが終了しているためブラッキーのデータが入っているソフトを手に入れるのは不可能に近い。髭は『レッキングクルー』のときよりも多くなっている。

2015年9月10日発売のWii Uソフト『スーパーマリオメーカー』では条件を満たすとキャラマリオとしてブラッキーを操作できるようになる。

現在では「マリオに似た姿のライバル」というコンセプトはワリオが受け継いでいる。なおブラッキー、ワリオ共に任天堂グラフィックデザイナー清武博二キャラクターデザインを手がけている[2]

また、『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』にてマリオが選べる色換えのうち茶色の服装は「スマブラ拳」において「ブラッキーカラー」と呼称されている。

関連キャラクター[編集]

マリオ
レッキングクルーで初共演し、モバイルゴルフでも共演している。
ルイージ
ピーチ
クッパ
ワリオ
キャサリン
ポリーン
クリボー
ノコノコ
ジュゲム
パックンフラワー
キラー
テレサ
ヘイホー
ファミコンリミックス1+2』に、初共演をした。

登場作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2013年3月18日の鈴木みそオフィシャルブログにて全頁公開。
  2. ^ ニンテンドードリーム2008年9月号インタビューより