ブラス・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ブラス・ロックbrass rock)はロックのジャンルの一つ。ロックのアレンジを基調とし、ジャズの要素を加味してトランペットトロンボーンなどの金管楽器(ブラス)を前面に押し出した音楽性が特徴。1960年代後半から1970年代前半に流行した。代表的なアーティストとしてシカゴ[1]ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ[2]チェイス[3]などが挙げられる。

概要:歴史[編集]

1960年代後半、ロックのスタイルが多様化し、ロックとジャズの融合も試みられたことで、迫力のあるブラス・セクションを導入したロックバンドが現れた。ビッグバンド・ジャズから受け継いだ迫力と、間奏部分での即興演奏はロック界に新風を吹き込み、彼らの音楽はブラス・ロックと呼ばれた。なおブラス・ロックという呼び方は日本独自のものであって、世界では「ジャズ・ロックの一部」[4]として扱われている。チェイスは、トランペット4人編成の変則的なブラス・セクションを用いた。またBS&Tは、ニューヨークを拠点としたブラス・ロック・バンドだった。。

ポップスソウルR&Bのアレンジでは、従来からブラスを用いることはよくあったが、あくまでも伴奏の一部という位置付けだった。また、エレキギターをサウンドの主役とするロックの世界では、ブラス・セクションは黒人音楽のイメージが強く、積極的に用いられることが少なかった。だが、シカゴのプロデューサーであったジェイムス・ウィリアム・ガルシオは、バッキンガムズ、シカゴ、BS&Tなど複数のブラス・ロック・グループを担当し[5]、ブラス・ロックを音楽シーンで注目される存在にすることに成功した。

日本の音楽界では、1970年前半に、主にアイドル系歌謡曲において筒美京平や馬飼野康二らが、ブラス・ロックを編曲に取り入れた楽曲を発表した。ブラス・ロックは、ブラスにもエレキギターと同等な存在感を持たせることでダイナミックなサウンドを創造することに成功した。歌謡曲ジャンルで脚光を浴びた後、1970年代末に、キャンディーズのバックバンド、M.M.Pを前身とする本格的ブラス・ロック・バンド、スペクトラムが登場、2年ほど活動した後解散、同バンドのリーダーのプロデュースによるTOPSに引き継がれる。両バンドの元メンバーも参加して2000年代に結成されたBluffは、ライブを中心に2018年現在も活動しており、往年のブラス・ロック・ファンの根強い支持を得ている。

主な楽曲[編集]

シカゴ
  • 長い夜(1970年):25 Or 6 To 4[6]
  • クエスチョンズ67&68
  • ビギニングス
  • いったい現実を把握している者はいるだろうか
  • 僕らに微笑みを
  • サタディ・イン・ザ・パーク(1972年)
  • ダイアログ(1972年)
  • 俺たちのアメリカ(1972年)
  • 愛の絆(1973年)
  • 君と二人で(1973年)
  • 追憶の日々(オールド・デイズ)(1975年)
ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ
  • スピニング・ホイール
  • ユード・メイド・ミー・ベリー・ハッピー
チェイス
  • 黒い炎(1971年)
アイズ・オブ・マーチ英語版
  • ヴィークル(1970年)
バッキンガムズ
  • マーシー・マーシー・マーシー
欧陽菲菲
西城秀樹
  • 情熱の嵐
  • 激しい恋
和田アキ子
  • 古い日記
スペクトラム
  • イン・ザ・スペース
  • サンライズ
TOPS
  • ロマンのChampion
Bluff
  • Morning glow

主なアーティスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]