ブラウンスバッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Braunsbach.svg Lage des Landkreises Schwaebisch Hall in Deutschland.png
基本情報
連邦州: バーデン=ヴュルテンベルク州
行政管区: シュトゥットガルト行政管区
郡: シュヴェービッシュ・ハル郡
市町村連合体: ブラウンスバッハ=ウンターミュンクハイム自治体行政連合
緯度経度: 北緯49度11分56秒 東経09度47分29秒 / 北緯49.19889度 東経9.79139度 / 49.19889; 9.79139座標: 北緯49度11分56秒 東経09度47分29秒 / 北緯49.19889度 東経9.79139度 / 49.19889; 9.79139
標高: 海抜 268 m
面積: 52.87 km2
人口:

2,509人(2021年12月31日現在) [1]

人口密度: 47 人/km2
郵便番号: 74542, 74523
市外局番: 07906
ナンバープレート: SHA, BK, CR
自治体コード:

08 1 27 009

行政庁舎の住所: Geislinger Straße 11
74542 Braunsbach
ウェブサイト: www.braunsbach.de
首長: フランク・ハルシュ (Frank Harsch)
郡内の位置
Braunsbach in SHA.svg
地図

ブラウンスバッハ (ドイツ語: Braunsbach) は、ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州北東部シュヴェービッシュ・ハル郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)。

地理[編集]

位置[編集]

ブラウンスバッハは、郡庁所在地シュヴェービッシュ・ハルから約15kmのコッハー川の渓谷に位置する。

隣接する自治体[編集]

この自治体は、北はホーエンローエ郡の郡庁所在地であるキュンツェルスアウ、北東はランゲンブルク、東はイルスホーフェンのオーバーシュタイナハ地区、南東はヴォルパーツハウゼン、南はシュヴェービッシュ・ハル、西はウンターミュンクハイムおよびホーエンローエ郡クプファーツェルと境を接している。

自治体の構成[編集]

首邑であるブラウンスバッハ地区の他、アルンスドルフ、ガイスリンゲン・アム・コッハー、デッティンゲン、ユングホルツハウゼン、オルラッハおよびシュタインキルヒェンの各地区がこの自治体に属している。これらの地区はさらに以下の居住区に細分される。アルンスドルフ、ブラウンオルツヴィーゼン、ヘルトリングスハーゲン、ライザッハスホイーフ、リュッケルツブロン、リュッケルツハウゼン(以上、アルンスドルフ地区)、ビューラーツィンメルン、ヘルガースホーフ(以上、ガイスリンゲン地区)、デルホーフ、ツォッティスホーフェン(以上、ユングホルツハウゼン)、エルツハウゼン(オルラッハ地区)およびティーエアベルク、ゾンマーベルク、ヴィンターベルク、ヴァイラースバッハ(以上、シュタインキルヒェン地区)。

歴史[編集]

1972年2月1日に、それまで独立した自治体であったアルンスドルフ、ブラウンスバッハ、デッティンゲン、ガイスリンゲン・アム・コッハー、ユングホルツハウゼン、オルラッハおよびシュタインキルヒェンが自発的に合併し、新しい自治体ブラウンスバッハが創設された。

行政[編集]

この自治体は、ブラウンスバッハ=ウンターミュンクハイム行政共同体の本部所在地である。

友好都市[編集]

この他に、デッティンゲン地区は、スイスの同名の町と友好関係を築いている。

見所[編集]

コッハータール橋
  • ブラウンスバッハのプロテスタントのボニファティウス教会にある1611年に造られたオルガン
  • 1976年から1979年に建設されたコッハータール橋は、この自治体の新しい象徴であり、紋章にも描かれている。この橋は、高さ185mの建設当時には世界で最も高い橋脚を持つ橋であった。この橋の長さは、1,128mである。

引用[編集]

  1. ^ Statistisches Landesamt Baden-Württemberg – Bevölkerung nach Nationalität und Geschlecht am 31. Dezember 2021 (CSV-Datei)