ブラウニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ブラウニー
アーサー・ラッカムの挿絵。箒で台所の汚れを取り除こうとしているブラウニーを描いた水彩画。
古い家に棲み着いているブラウニーが、台所の床のごみと汚れを取り除こうとを使って掃除している。
描き手はイングランド挿絵画家アーサー・ラッカム1910年発表の水彩画

ブラウニー: brownie [注 1][注 2])は、スコットランドや北部イングランドフォークロアの、特に民間伝承に見られる、家の精霊の一種[1][2]ゴブリン(広義のゴブリン)の一種ともされる小妖精であり[1][2]、しかし悪意がほとんど無く善意が目立つ家神英語: household deity[注 3]の一種である。

ブラウニー」はこの妖精のイングランドにおける代表的名称 "brownie" の日本語音写形で、イングランドでは brounie とも綴る。同じ妖精をスコットランド語(スコットランド低地語)では broonie日本語音写例:ブルーニー)、urisk という。スコットランド・ゲール語では brùnaidh日本語音写例:ブラナッハ)、brùinidhgruagachùraisg などといい、ほかにも地方名は様々にある。

概要[編集]

ブラウニーの容姿で最も多く伝承されているのが、身長は1メートル弱で、茶色のボロをまとい、髪や髭は伸ばし放題というものである。この茶色(ブラウン)を基調とした容姿から、ブラウニー(茶色い奴)と呼ばれる[3]

ブラウニーは主に住み着いた家で、家人のいない間に家事を済ませたり家畜の世話をするなど、人間の手助けをすると言われる。人間はその礼として、食べ物などを部屋の片隅にさりげなく供えて応えるため、民間信仰的な様式を備えている[3]。一方で天の邪鬼な気質もあり、整理整頓された美しい家は、家人のいない間に散らかしてみたりと、悪戯小僧的なキャラクター性も伝えられている。

ブラウニーへの礼は決してあからさまに付与してはならず、あくまでもさりげなく部屋の片隅など隠すように置いておき、ブラウニーに自発的に発見させなければならない。もしあからさまに与えてしまうと怒って家を出て行ってしまうとも言われる。

また、ブラウニーが住み込み先の家で働く目的は衣類を手に入れることであり、ブラウニーに対する礼として衣類を与えてしまうと、働かなくなり家を去ってしまうと言われる。

年を経るとブラウニーはクリスマスサンタクロース伝説と合体し、サンタの弟子がブラウニーであり、年長のブラウニーがサンタクロースとなるという伝承もある。

アーサー・ラッカムの挿絵。赤い服の小さなビリー・ブラインドが寝室で眠っていたイスベルお嬢さんに声を掛けて起こした場面を描いた水彩画。
"O Waken, Waken, Burd Isbel " /アーサー・ラッカムの手になる1919年発表の水彩画。

ビリー・ブラインド[編集]

ビリー・ブラインド: Billy Blind)は、ブラウニーによく似た存在で、ときに亜種とも呼ばれる小妖精である。バラッドの一種であるチャイルドバラッド英語版(イングランドとスコットランドに伝わる305の伝統的バラッド)の一つ『ヤング・ビーハン英語: Young Beichan』に、主要キャラクターとして登場する。右に示した挿絵では、赤い服を着たビリー・ブラインドが、寝室のベッドで眠っていたイスベルお嬢さんに「起きて起きて」と声を掛けている。

取り替え子[編集]

ヨーロッパには「取り替え子/取替子(とりかえこ)」と日本語訳されている[注 4]伝承上の子供がいる[4]スウェーデン語bortbyting (cf. sv)、ドイツ語Wechselbalg日本語音写例〈以下同様〉:ヴェクセルバルク。wikt:en)、英語で changeling(チェンジリング)または elf child(エルフチャイルド)、フランス語changelin(シャングリン)または changeling(シャングリン)[注 5]と呼ばれるものがそれで、日本語では英語名に由来する「チェンジリング」の名でも知られている。

これは、妖精の類いが人間の赤ちゃんをそっくりな替玉の妖精の赤ちゃんと取り替えて妖精の世界へ連れ去ってしまうという伝承における、替玉の妖精の赤ちゃんのことをいう[4]。この取替子と取り替えられた人間の子は妖精の国で永遠の命を得て幸せに暮らすことができるが、替わりにやってきた取替子のほうは病弱で、ほどなくして死んでしまうといわれる。新生児の生存率が低かった時代において、「実は私達の子供は妖精の国で永遠に楽しく生き続けている」と子供を失った親が思うようにすることで心の救いを求めたというのが、物語が原点であると考えられている。妖精の類いということでは、ブラウニーもそれに含まれる。

関連作品[編集]

パーマー・コックスが描いたブラウニー。素っ頓狂な顔つきをしている小人で、ドングリのようにも見える形の頭巾を被っている。
同じくコックスのブラウニー。豆粒のような胴体に細い手足が付いており、手を挙げて愛嬌を振り撒いている。
パーマー・コックス英語版が描いたブラウニー
素っ頓狂な顔つきをしている小人で、どんぐりのようにも見える形の頭巾を被っている。豆粒のような胴体に細い手足が付いており、手を挙げて愛嬌を振り撒いている。

ブラウニーは多くの作品に登場している。伝承どおりの姿を描いた挿絵画家アーサー・ラッカムの水彩画はもちろん外せないが、それ以外にも、様々なクリエイターが、自らの世界観に合わせて多少なりとも改変した、あるいは原形が分からないほど改変したブラウニーをキャラクターとして描写している。

カナダイラストレーター作家パーマー・コックス英語版が描く、カートゥーン化したブラウニー達を主人公とした漫画のシリーズもの。コミック・ストリップの特徴もある。初出1887年ニューヨークで刊行された本 "The Brownies, Their Book " ([1])。■右に画像あり。
木槌を武器として使うキャラクターとして登場する。シリーズの各作品中で敵キャラクターとして登場するの通例であるが、1992年(平成4年)発売の『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』では主人公の仲間にもなる。
人が長年に亘って暮らしていた建物に棲み着く精霊(cf. フォーセリアの精霊一覧)として登場する。精霊を使役できる能力を持つ者は、ブラウニーに家事や掃除、家具や建物の簡単な修理といった雑事を手伝わせることができる。
仲魔(仲間)にすることもできる敵キャラクターとして登場。「地霊」に分類されている。
設定上でブラウニーとしている妖精のキャラクターが活躍するギャグ漫画。神様の使いとして様々な年代・世界に派遣され、人々を助けたり、願いを叶えたりする存在。ただし、その手段は超未来科学を用いていたり、最終的にはファンタジーとは程遠い結末を迎えたりする。
このファンタジー小説においては、第2巻『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(1998年刊行)以降、ドビーなど屋敷しもべ妖精として登場する。詳細はリンク先を参照のこと。
ファンタジー系アクションアドベンチャーゲーム。敵キャラクターとして登場する。
アメリカ映画。主要キャラクターの一人、シンブルタックとして登場。騙したり、仕事にケチをつけたりすると、別種の妖精であるボガートに変じて害をなすとされる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ チョコレートケーキの一種である chocolate brownie(チョコレートブラウニー、ブラウニー)と妖精のブラウニーのどちらを "brownie" の第1義とするかは辞事典によってまちまちである。リンクを張ったウィクショナリー英語版ではケーキが第1義で妖精は第2義になっている。
  2. ^ 普通名詞であり、小文字で始まる。同綴の大文字始まりは固有名詞であり、妖精ブラウニーのことを指さない。
  3. ^ household deity(ハウスホールドディーアティ)は、家屋を守護する神霊 (deity) や精霊 (spirit) を意味する欧米概念。日本の「家の神(いえのかみ)」や「屋敷神」と多くの点で重なる。
  4. ^ 古来の日本語の「取替子(とりかえこ、とりかえご)」もあるので、混同なきよう。日本語「取替子」は伝承ではなく実際の子供の交換である[4]
  5. ^ changelin と changeling は日本語音写形が同じになってしまうだけで、実際は発音が異なる。

出典[編集]

  1. ^ a b c 日立デジタル平凡社世界大百科事典』第2版. “ブラウニー”. コトバンク. 2020年5月22日閲覧。
  2. ^ a b c 小学館『デジタル大辞泉』. “ブラウニー”. コトバンク. 2020年5月22日閲覧。
  3. ^ a b 草野 (1997), p. 269.
  4. ^ a b c d 日立デジタル平凡社『世界大百科事典』第2版. “取替子”. コトバンク. 2020年5月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 草野巧(著)『幻想動物事典』シブヤユウジ(画)、新紀元社、1997年5月3日。OCLC 675909434ISBN 4-88317-283-XISBN 978-4-88317-283-2

関連項目[編集]