ブラインド・デート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブラインド・デート
Blind Date
監督 ブレイク・エドワーズ
脚本 デイル・ローナー
製作 トニー・アダムス
製作総指揮 ゲイリー・ヘンドラー
ジョナサン・D・クレイン
デヴィッド・パーミュット
出演者 キム・ベイシンガー
ブルース・ウィリス
音楽 ヘンリー・マンシーニ
撮影 ハリー・ストラドリング・ジュニア
編集 ロバート・パーガメント
製作会社 トライスター・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 コロムビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年3月27日
日本の旗 1987年10月10日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $18,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $39,321,715[2]
テンプレートを表示

ブラインド・デート』(原題:Blind Date)は、1987年制作のアメリカ合衆国ロマンティック・コメディ映画ブレイク・エドワーズ監督、キム・ベイシンガーブルース・ウィリス出演。ウィリスはこれが初の主演映画である。

タイトルの「ブラインド・デート」とは、初対面者同士が第三者の仲介でデートする事。

あらすじ[編集]

サラリーマンのウォルターはある日、大事な得意先との食事会に出席する事になったが、それには女性を同伴しなければならなかった。

しかし、ウォルターには同伴させる女性がいないため、兄嫁に彼女の従妹を紹介してもらい、初対面者同士が第三者の仲介でデートする、いわゆる「ブラインド・デート」をセッティングしてもらった。

待ち合わせ場所のホテルに行くと、ナディアというセクシーな美人が待っていた。ウォルターはすっかり彼女のとりこになるが、彼女には酒癖が非常に悪いという欠点があった。

そしてこの事が、ウォルターに次から次へと様々な災難をもたらす。しかしそれでも、ウォルターはナディアを愛そうとするのだった。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Blind Date (1987) — Box office / business”. Internet Movie Database. 2009年7月9日閲覧。
  2. ^ BLIND DATE”. Box Office Mojo. 2009年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]