ブラインドケーブ・カラシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Astyanax jordani
Astyanax jordani.jpg
Astyanax jordani
保全状況評価[1]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: カラシン目 Characiformes
: カラシン科 Characidae
: Astyanax
: A. jordani
学名
Astyanax jordani
(Hubbs & Innes, 1936)[1][2]
シノニム

Anoptichthys jordani
Hubbs & Innes, 1936[1]

英名
Blind cave fish[1][2]
Sardina ciega[1][2]

Astyanax jordaniは、条鰭綱カラシン目に分類される魚類。最大全長10センチメートル[2]

分布[編集]

メキシコ北東部(サン・ルイス・ポトシ州タマウリーパス州[1]

人間との関係[編集]

サトウキビなどの農業による洞窟への堆積物の増加・農薬による水質汚染・水の汲み上げなど、ティラピア類などの外来種による影響などが懸念されている[1]

ペットとして飼育されることもあり、世界中で広く流通している[1]

特徴[編集]

かつては、「メクラウオ」(盲魚、瞎魚)という呼称もされていたが、「めくら」という言葉が障害者差別にあたるとされ、近年はあまり使われていない。

  • 体長約8cm。
  • 洞窟で生活している為、目が退化しており、本来なら目のある部分は鱗で覆われている。
  • さらに、前述と同じ理由で、体からメラニン色素が失われており、皮膚は白っぽい肌色での部分は赤くなっているのが特徴である。
  • 視覚が無い代わりに、側線などが発達して視覚を補っており、岩などの障害物にぶつかることはなく普通に泳ぐことが可能である。
  • 鋭敏な嗅覚を持つので、餌を見つけるのは得意である。
  • 明るい地上でも問題なく生活できる。
  • 飼育が簡単であることから観賞魚としても売られている。
  • 比較的荒い気性を持つので小型魚との混泳には注意を要する。
  • 価格は200~400円程度。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h Ornelas Garcia, P. 2019. Astyanax jordani. The IUCN Red List of Threatened Species 2019: e.T191201A1972594. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2019-3.RLTS.T191201A1972594.en. Downloaded on 29 March 2020.
  2. ^ a b c d Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2019. Astyanax jordani. FishBase. World Wide Web electronic publication. http://www.fishbase.org, version (12/2019).

関連項目[編集]