ブライアン・ベリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブライアン・J・L・ベリーとして知られるブライアン・ジョー・ロブレー・ベリー(Brian Joe Lobley Berry1934年2月16日 - ) は、イギリスで生まれたアメリカ合衆国人文地理学者。ベリーは、テキサス大学ダラス校ロイド・ヴィール・バークナー(Lloyd Viel Berkner)記念講座の大学評議員教授である。ベリーは、1960年代にその都市研究、地域研究の成果によって地理学における社会科学革命を先導し、以降四半世紀にわたって最も引用される地理学者であった[1][2]

経歴[編集]

ベリーは、イギリススタッフォードシャー州セッジレー (Sedgeley) に生まれた。ゲインズボロ (Gainsborough) のQueen Elizabeth's High Schoolミドルセックス州Acton County Grammar Schoolに学んだベリーは、1955年ロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジを卒業し、経済学で学士 (B.Sc.) を得た。

大学卒業後、ベリーは渡米してワシントン大学の大学院に進み、当時いわゆる「計量革命」のリーダーであった著名な地理学者ウィリアム・ギャリソン (William Garrison) の下で学び、1956年に修士 (M.A.) 、1958年に博士 (Ph.D.) を取得した。

博士号を取得したベリーは、シカゴ大学の教授に任じられ、1976年までその座にあった。このシカゴ大学にいた時期に、ベリーはその都市研究、地域研究の成果によって、地理学における社会科学革命に拍車をかけ、四半世紀にわたって最も引用される地理学者であり続けた。その後、彼の研究の焦点は、長期波動の動態と経済発展のマクロ歴史的な移行や政治的行動との関係へと進んだ。

1976年から1981年まで、ベリーはハーバード大学の教授となり、さらに5年間にわたってカーネギーメロン大学の大学院ハインツ・スクール(現在のハインツ・カレッジ)の学頭を務めた。1986年に、テキサス大学ダラス校へ移り、以降そこに留まっている。

ベリーは、1975年米国科学アカデミーの会員に選出されており、英国学士院 (British Academy) 、アメリカ芸術科学アカデミーユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンそれぞれのフェローでもある。1988年には、王立地理学協会からVictoria Medalを授与されている。1999年には米国科学アカデミー評議員に任命され、2004年にはテキサス医学・工学・科学アカデミー (Academy of Medicine, Engineering and Science of Texas: TAMEST) の創設メンバーのひとりとなった。

著作[編集]

ベリーは、500点以上の著書や論文を発表しており、先進国や発展途上国における都市開発や地域開発の活動に関わりながら、理論と実践の架橋を試みている。

日本語訳のある著書[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Phil Hubbard, et al. (1993). Key thinkers on space and place. pp.47-51.
  2. ^ Short bio Brian J Berry at University of Texas in Dallas. Accessed Nov 20, 2009.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • Brian J Berry at University of Texas in Dallas website: School of Economic, Political and Policy Sciences.