ブライアン・バートンルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブライアン・バートンルイスBryan Burton-Lewis1971年10月9日 - )は東京都出身のタレントDJ。アメリカ国籍[1]

人物・来歴[編集]

宣教師の息子として日本で生まれ育つ。17歳の時、当時事故で入院していた小山田圭吾と病院内で知り合い、それをきっかけに音楽業界に携わる。インターナショナルスクールに通った後、大学進学のため渡米する。その後、日本に戻る[2]

1992年FM802主催の新人オーディションに合格し同局でDJを担当する。

1990年代には「ロッキング・オン」などの洋楽雑誌で通訳としても活躍。フジロックのサポーターとしての顔もあり、現在はフジロックの深夜帯を借り切って「オールナイトフジ」というイベントも主催する。

1993年1994年テレビ東京で放送された『モグラネグラ』という音楽番組のMCを務める。

1996年よりCS音楽専門チャンネル・スペースシャワーTVで数々の番組のVJを長年にわたって務める。

1999年にセガ(後のセガ・インタラクティブ)から発売されたビデオゲーム『CRAZY TAXI』の出演キャラクターの声を、同じくDJ仲間のケント・フリックリーソル・ウィルカーソンらと共に担当する。

2004年9月、レギュラー番組がすべて打ち切りとなり、メディア露出は目立たなくなるが、2006年1月にはInterFM『Saturday Festival』にてラジオDJとして復帰。現在、同番組は『SUPER FESTIVAL』に番組名を変更し、スペースシャワーTVでは『DIGITAL ARCHIVE X』というミックスメディアな番組で復帰している。また、クラブミュージック雑誌「FLOOR net」では同名のpodcast番組とも連動した「ブライアン・バートンルイスのトーク上等」を連載している。

2008年、TBSラジオ『Kakiiin(カキーン)』の、タイトルコールと、キャッチコピーを担当する。

ラジオDJの活動以外では、ナレーション、クラブDJ、俳優の浅野忠信らとのバンド「SAFARI」のほか、コーネリアス砂原良徳への英詞添削などで作詞協力を務めるなど、音楽活動も行っている。

2011年、『侵略!?イカ娘』に第4話冒頭登場の外国人役としてゲスト出演している。

脚注・参照[編集]

  1. ^ New Audiogram:BLOG:ブライアン バートン ルイス
  2. ^ third culture ARTISTSプロフィール(ダウンロード)参考。

外部リンク[編集]