ブライアン・ネルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブライアン・ネルソン
Bryant Nelson
IMG 1365 01 Bryant Nelson.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アーカンソー州クロセット
生年月日 (1974-01-27) 1974年1月27日(44歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 三塁手遊撃手外野手
プロ入り 1993年 MLBドラフト44巡目
初出場 MLB / 2002年5月14日
NPB / 2003年3月28日
CPBL / 2006年4月26日
最終出場 MLB / 2002年6月15日
NPB / 2003年7月5日
CPBL / 2006年5月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブライアン・ローレンス・ネルソンBryant Lawrence Nelson , 1974年1月27日 - )は、アメリカ合衆国出身のプロ野球選手内野手外野手)。

日本では2003年福岡ダイエーホークスに在籍した。台湾球界での登録名は、尼爾森

バリューコマースの社長であるブライアン・ネルソン(Brian Nelson)とは別人である。

経歴[編集]

来日前[編集]

1993年ヒューストン・アストロズにドラフト44巡目で入団。

2002年ボストンレッドソックスでメジャー昇格。

ダイエー時代[編集]

2003年に入団テストを経てスイッチヒッターで内外野を器用にこなせるユーティリティープレイヤーとして、ダイエーに入団。同じ年には「台湾プロ野球本塁打王」という肩書付きで入団した陳文賓がおり、中軸打者として期待されていたわけではなかったが、主砲の小久保裕紀オープン戦でシーズン絶望の重傷を負うと、三塁が出来るネルソンに注目が集まり始める。陳はオープン戦から思うような成績が残せず守備にも難があったことから、ネルソンは開幕1軍の座を勝ち取った。開幕戦は「8番・三塁手」でスタメン出場し複数安打。その後もレギュラー出場を続けたが、さっぱり打てず4月上旬には一度2軍落ちとなった。再昇格後もなかなかヒットが出なかったが、5月14日近鉄戦で開幕戦以来の複数安打を放つ。この試合では球団タイ記録となる8点差を逆転してのサヨナラ勝利を挙げ、このサヨナラ安打を放ったのがネルソンだった。5月下旬にはそれまで1本も打てなかった本塁打を5試合で3本打つなどの活躍を見せた。しかし7月7日に左鎖骨付近の痛みを訴えて再び2軍に落ちると、鳥越裕介が遊撃の定位置に復帰し、川崎宗則が三塁手に回ったためネルソンの出番はなくなり、その後の再昇格はなかった。9月10日に検査のため帰国。そのまま退団した。

ダイエーは1999年メルビン・ニエベスから2003年のネルソンまで、5年連続で両打ちの外国人野手(ニエベス、ブライアン・バンクストニー・ミッチェルモーガン・バークハート、ネルソン)を獲得してきたが、ニエベスが2年在籍した以外は全員不振のため1年で解雇された。毎年のようにスイッチヒッターで失敗したことに懲りたのか、ダイエー(2005年以降ソフトバンク)はネルソンを最後に両打ちの外国人野手は獲得していない。

ダイエー退団後[編集]

2004年シカゴ・ホワイトソックス傘下のマイナーでプレー。

2005年トロント・ブルージェイズ傘下のマイナーでプレー。

2006年は、台湾球界の統一ライオンズでプレーした。しかし結果を残せずシーズン途中に退団。

統一退団後[編集]

2007年は当初メキシカンリーグベラクルス・レッドイーグルスティファナ・コルツでプレーしていたが、6月から独立リーグ・アトランティックリーグロングアイランド・ダックスでプレー。

2008年は当初メキシカンリーグのカンペチェ・パイレーツモンテレイ・サルタンズでプレーし、7月からカナディアン・アメリカン・リーグニュージャージー・ジャッカルズでプレー。9月にはアトランティックリーグのロングアイランド・ダックスで13試合に出場。

2009年はアトランティックリーグのカムデン・リバーシャークスと契約。

2010年ランカスター・バーンストーマーズでプレー。

2011年は当初イタリアンベースボールリーグリミニ・ベースボールクラブでプレーし、8月からアトランティックリーグのヨーク・レボリューションでプレー。

2012年から2013年はロングアイランド・ダックスでプレー。

2014年は当初カムデン・リバーシャークスでプレーし、7月からヨーク・レボリューションでプレー。

2015年はランカスター・バーンストーマーズと契約。7月6日にトレードでブリッジポート・ブルーフィッシュに移籍。8月16日に解雇となり、18日にサザンメリーランド・ブルークラブスと契約する。

2016年3月31日にブルークラブスと再契約。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 BOS 25 39 34 6 9 3 0 0 12 2 1 1 1 0 4 0 0 1 1 .265 .342 .353 .695
2003 ダイエー 54 176 167 18 38 7 0 3 54 17 2 2 0 2 7 0 0 29 8 .228 .256 .323 .579
2006 統一 12 47 43 2 8 0 0 1 11 4 1 1 1 1 2 0 0 2 2 .186 .217 .256 .473
MLB:1年 25 39 34 6 9 3 0 0 12 2 1 1 1 0 4 0 0 1 1 .265 .342 .353 .695
NPB:1年 54 176 167 18 38 7 0 3 54 17 2 2 0 2 7 0 0 29 8 .228 .256 .323 .579
CPBL:1年 12 47 43 2 8 0 0 1 11 4 1 1 1 1 2 0 0 2 2 .186 .217 .256 .473
  • 2010年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 58(2002年)
  • 4(2003年)
  • 12(2006年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]