ブライアン・カーディナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・カーディナル
Brian Lee Cardinal
ダラス・マーベリックス  No.35
Brian Cardinal Timberwolves 2009.jpg
名前
本名 ブライアン・カーディナル
ラテン文字 Brian Lee Cardinal
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1977年5月2日(36歳)
出身地 イリノイ州トロノ
身長 203cm
体重 111kg
選手情報
ポジション F
背番号 35
ドラフト 2000年 2巡目 44位
代表歴
キャップ ウクライナの旗 2005年-現在
経歴
2000-2002
2002-2003
2002-2003
2003-2004
2004-2008
2008-2010
2010-
デトロイト・ピストンズ
ワシントン・ウィザーズ
バレンシアBC
ゴールデンステート・ウォリアーズ
メンフィス・グリズリーズ
ミネソタ・ティンバーウルブズ
ダラス・マーベリックス

ブライアン・カーディナルBrian Lee Cardinal, 1977年5月2日 - はアメリカ合衆国バスケットボール選手イリノイ州トロノ出身。NBAダラス・マーベリックスに所属している。ポジションはフォワード。身長203cm、体重109kg。

経歴[編集]

地元トロノの高校でプレーした彼は高校2年のときに平均23.5得点、高校3年のときに平均24.1得点をあげて、3年間で86勝25敗の成績を残した。コカコーラ・オールアメリカンにウェストチームから出場し、24得点13リバウンドをあげてMVPに選ばれた。

パデュー大学ブラッド・ミラーとチームメイトだったカーディナルは、オールビッグテンに3年連続で選ばれ、出場回数やスティールで大学の記録を更新した選手だった。

1996-97シーズン、彼は平均10.6得点をあげて、チームはNCAAトーナメント2回戦まで進出した。1997-98シーズン、2年次でチームキャプテンとなった彼は平均12点をあげてチームは28勝8敗、NCAAトーナメントでもスウィート16に進出した。3年次の1998-99シーズンにも23勝13敗の成績を上げてチームはスウィート16に進出、オールビッグテンのサードチームに選ばれた。4年次の1999-2000シーズンは平均13.9得点をあげてオールビッグテンのセカンドチームに選ばれた。この年チームは24勝10敗の成績を残し、NCAAトーナメントではエリート8に進出した。

大学4年間でパデュー大学史上2位の125試合に先発し、同じく史上2位の260スティールをあげた。1年次には大学記録となる51スティールをあげた(この記録は1年後にクリス・クレイマーに破られた。)。ルーズボールへの積極的な飛びつきに対して"The Custodian"と呼ばれるようになり、卒業時にはミスター・ハッスル賞"などを受賞した。2008円11月28日、ESPNジェイ・ウィリアムズノースカロライナ大学タイラー・ハンズブローとカーディナルのプレースタイルを比較した。

大学卒業後、2000年のNBAドラフトで2巡目全体44位でデトロイト・ピストンズから指名を受けNBA入りした。その年わずか15試合にしか出場できなかったが2001年4月11日のトロント・ラプターズ戦では18分の出場で9得点、4リバウンド、3スティールをあげた。ピストンズに2シーズンで23試合に出場、平均2.1得点であった。フリースローは80%以上成功させた。

2002年9月11日、ジェリー・スタックハウスラトコ・ヴァルダと共にリチャード・ハミルトンヒューバート・デービスボビー・シモンズとのトレードでワシントン・ウィザーズにトレードされた。ウィザーズでもわずか5試合の出場の後、2003年2月に解雇された。3月にはACBスペイン1部)のパメサ・バレンシアと契約しULEBユーロカップ優勝に貢献した。

翌シーズンはアメリカに戻り、ゴールデンステイト・ウォリアーズと契約した。ウォリアーズでは76試合に出場し平均9.6得点、4.2リバウンド、0.9スティールをマーク。スリーポイント成功率とフリースロー成功率で上位10位以内に入る活躍を見せた。この年彼はザック・ランドルフに敗れたもののMIPのファイナリストに選ばれた。2004年2月11日のフェニックス・サンズ戦では自己最高の32得点をあげた。また2月28日のシカゴ・ブルズ戦では自己ベストの14リバウンドをあげている。

2004年7月、ボー・アウトローの穴を埋める選手を探していたメンフィス・グリズリーズと契約した。怪我の影響で次第にプレータイムが減少していったが2006-07シーズンにはシュート成功率49.4%、フリースロー成功率92.6%の数字を残した。

2008年6月、8人の選手が関係したトレードでミネソタ・ティンバーウルブズに移籍した。2009年3月13日のニューヨーク・ニックス戦では自己最高の3ブロックショットをあげた。2009-10シーズンは平均9分の出場にとどまった。2010年2月17日、ダーコ・ミリチッチとのトレードでニックスに移籍したが[1]すぐにカットされ[2]、3月23日にウルブズに再び加入した。

2010年9月27日、ダラス・マーベリックスと契約した。2011年5月8日のロサンゼルス・レイカーズ戦ではチーム20本目の3ポイントシュートを決めた。これは1996年5月6日、シアトル・スーパーソニックスヒューストン・ロケッツ戦で作った、プレーオフ1試合でのチームタイ記録であった。

プレイスタイル[編集]

  • サイズは小さくスローだが、外からのシュート力があり、リバウンドやルーズボールに飛び込んでいくなど与えられた仕事をきっちりこなすロールプレイヤーで、GMのジェリー・ウェストから高く評価されている。
  • 対戦チームのスコアラーに対してマッチアップやダブルチームでオフェンスチャージを狙い、ペースを狂わせるなどのいわゆる「汚れ役」的なプレイも厭わず、ダーティなプレイもこなすが、前述の外のシュート以外にもパスを捌く器用さも持ち合わせている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Knicks Acquire Brian Cardinal”. nba.com (2010年2月17日). 2011年6月10日閲覧。
  2. ^ Knicks Waive Brian Cardinal”. nba.com (2010年2月19日). 2011年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]