ブバネーシュワル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブバネーシュワル
ଭୁବନେଶ୍ବର
भुवनेश्वर
Bhubaneswar
Lingaraj temple Bhubaneswar 11007.jpg
位置
ブバネーシュワルの位置(オリッサ州内)
ブバネーシュワル
ブバネーシュワル
ブバネーシュワル (オリッサ州)
ブバネーシュワルの位置(インド内)
ブバネーシュワル
ブバネーシュワル
ブバネーシュワル (インド)
地図
座標 : 北緯20度15分52秒 東経85度49分41秒 / 北緯20.26444度 東経85.82806度 / 20.26444; 85.82806
行政
インドの旗 インド
  オリッサ州
  コルダ県英語版
 市 ブバネーシュワル
人口
人口 (2011年現在)
  市域 837,737 [1]
  都市圏 881,988 [2]
その他
等時帯 IST (UTC+5:30)

ブバネーシュワルオリヤー語: ଭୁବନେଶ୍ବରヒンディー語: भुवनेश्वर英語: Bhubaneswar)は、インドオリッサ州クルダー県の都市。同州の州都でもある。ブバネーシュヴァル(Bhubanesvar)、ブヴァネーシュヴァル(Bhuvanesvar)とも表記する。

歴史[編集]

都市としての歴史は古く、紀元前に存在したカリンガ国の古都であった。

カリンガ国を征服したアショーカ王によって仏教寺院ダウリギリが建立され、観光名所になっている。

1948年オリッサ州の州都がカタックからブバネーシュワルへと移った。

交通[編集]

空路

インド国鉄の長距離急行列車が停車するターミナル駅はブバネーシュワル駅(Bhubaneswar、国鉄略称BBS)である。同駅は東部の大都市コルカタと南部の大都市チェンナイを港湾都市ヴィシャーカパトナム(Visakhapatnam)などインド洋沿岸の都市を経由して結ぶ重要幹線に位置し、日中だけでなく深夜時間帯も多数の列車が発着する鉄道の要衝となっているおり原則としてすべての旅客列車が停車する。コルカタまでは約440㎞で最速7時間弱。首都デリーとの間は毎日運転のブバネーシュワル・ラージダーニー急行(Bhubaneswar Rajdhani)やプルショッタムエクスプレス(Prushottam Express)などの寝台列車で結ばれている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]