ブッチャーペーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ブッチャーペーパー(英:Butcher paper)は、厚手の洋紙の一種。

概要[編集]

ブッチャーペーパーは主に欧米で用いられるで、直訳すると食肉店の紙となる。これは、主にを包むのに用いられ、また食肉店で売られていたためにこの名前がついた。ブッチャーペーパーは、通常、大きなロールで売られており、必要な量を切り分けて使用する。漂白されているため白く、クラフト紙パルプが原料なので厚手で丈夫、ある程度の耐油性耐水性を持ち、価格も安価なため広く用いられている。

ブッチャーペーパーは、その特徴から多種多様な分野に用いられており、肉以外の包装紙としてはもちろんのこと、小児工作図画用紙として、塗装の際の養生などにも用いられる。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]