ブッターブロート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
食べかけのブッターブロート
食べかけのブッターブロート

ブッターブロートドイツ語: Butterbrot、あるいはブターブロート)は、ドイツ料理の一種。バタードイツ語: Butter)とパンドイツ語: Brot)の意であり、「バターを塗ったパン」を指す[1][2]。ドイツ北部では、サンドイッチオープンサンドイッチ)の意で用いられることもある。

バターの使用量は多く、パンの気泡が隠れるくらい厚くバターを塗ることが多い[1]。バターは無塩バターが多く、発酵については発酵バター、無発酵バターのどちらも好みで使われる[1]。パンは小麦を用いたパンよりライムギを用いたライ麦パンがほとんどである[1]

パンにバターを塗っただけではなく、広義にとらえて、ソーセージハムチーズジャムなどを乗せてオープンサンドイッチ状態にしたものも、ブッターブロートと呼ぶ。この場合、バターは乗せた具材の湿気がパンに入り込むことを防止すると共に、パンと具材を馴染ませる接着剤の役割を果たす[1]

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの『若きウェルテルの悩み』で「ブッターブロートとザウアー・ミルヒ(発酵乳製品)」という表現で簡素な夕食の意味で登場するほか、マルティン・ルター1525年に「Putterpomme(ブッターブロートの意)は子どもに良い食品である」と書き記しているようにドイツ地方では中世以前から食文化として根付いている[1]

慣用句[編集]

慣用句としても以下のように使われる。

  • 「ブッターブロートのために働く(für ein Butterbrot arbeiten)」 → 「ただ同然の安い賃金で働く」の意
  • 「ブッターブロートの値段で買う(売る)(etwas fuer ein Butterbrot kaufen (verkaufe))」 → 「ただ同然の安い値段に買う(売る)」の意

ハンバーガー・ブッターブロート[編集]

ハンバーガー・ブッターブロートドイツ語: Hamburger Butterbrot)は、スライスした白いパンにバターを塗ってチーズを置き、同じくスライスした黒パン(ライ麦パン)を乗せた料理である[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 森本智子『ドイツパン大全:100以上におよぶパンの紹介をはじめ、材料、作り方、歴史や文化背景、食べ方やトレンドまでを網羅』誠文堂新光社、2017年、110-111頁。ISBN 978-4416517314
  2. ^ 佐藤政人『世界のサンドイッチ図鑑:意外な組み合わせが楽しいご当地レシピ355』誠文堂新光社、2017年、30頁。ISBN 978-4416616475