ブダ (インド神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブダ

ブダサンスクリット語: बुध Budha)は、インド神話水星の神またはリシ

概要[編集]

「ブダ」とは「賢い」という意味であり、この名前をもつ神または人物は何人か知られる。『リグ・ヴェーダ』の詩人にブダという人物はふたりあり、ひとりはブダ・アートレーヤ(アトリの子孫のブダ)で、リグ・ヴェーダ5.1のアグニ賛歌の作者とされる[1]。もうひとりはブダ・サウミヤ(ソーマの子孫のブダ)で、リグ・ヴェーダ10.101のソーマの儀式を行う神官の賛歌の作者とされる[2]

水星は月の子(saumya < soma、śaśija < śaśin)と称せられる。同様に火星(マンガラ)は地球の子(bhauma < bhūmi)、土星(シャニ)は太陽の子(ārki < arka)と呼ばれるが、その理由は明らかでない[3]

プラーナ文献では、月神ソーマブリハスパティ木星神)の妻のターラー(星の神格化)を誘拐してブダを生ませた。ブダはイラー英語版(イダーとも)を妻としてプルーラヴァスを生み、その子孫が月種であるとする[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Jamison and Brereton (2014) p.660
  2. ^ Jamison and Brereton (2014) p.1560
  3. ^ Burgess (1860) p.279注3
  4. ^ Pargiter (1922) pp.58,253-254

参考文献[編集]

  • The Rigveda: The Earliest Religious Poetry of India. translated by Stephanie W. Jamison and Joel P. Brereton. Oxford University Press. (2014). ISBN 9780199370184. 
  • Burgess, Ebenezer (1860). Translation of the Sûrya-Siddhânta: A text-book of Hindu astronomy. New Haven. https://archive.org/details/in.ernet.dli.2015.96668. 
  • Pargiter, F.E. (1922). Ancient Indian Historical Tradition. Oxford University Press. https://archive.org/details/ancientindianhis00parguoft. 

関連項目[編集]