豚コレラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブタコレラから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
豚コレラによる腎臓の点状出血

豚コレラ(とんコレラ、: classical swine feverhog cholera)は、フラビウイルス属ペスチウイルス属によるブタウイルス性疾病であり、症状はコレラとは異なる。ブタ及びイノシシに特有の病気でありヒトには感染しない[1][2][3]

防疫[編集]

豚コレラは、症状として、発熱し食欲減退、急性結膜炎を起こす。初期に便秘になったのち下痢に移行する傾向が見られる。全身リンパ節や各臓器の充出血、点状出血などが認められる。アフリカ豚コレラ、トキソプラズマ症、急性敗血症型豚丹毒オーエスキー病豚繁殖・呼吸障害症候群との鑑別が必要である。

豚コレラウイルスがタンパク質に富む環境下においては燻製や塩蔵により不活化されることはなく、冷蔵で 約3ヶ月・冷凍で4 年超にわたり活性を保つことがある[4]。また、加熱による不活化には温度のわずかな差にも影響される故に、37℃に加熱した肉で1-2週間、50℃で3日間は生存するという結果がある。そのために加熱処理の有効温度(肉なら中心温度は70℃で30分以上あるいは 80℃では3分以上と定義されている[5]

アジアを中心に発生[1]。日本では家畜伝染病予防法において法定伝染病に指定されており、対象動物はブタ、イノシシ。日本では生ワクチンの使用が限定的に認められていたが、2006年3月にワクチン接種を完全に中止して摘発淘汰を基本とした防疫体制となり、2007年4月1日より国際獣疫事務局(OIE)の規約に基づき、日本は豚コレラ清浄国となった[6]

1992年での熊本県での感染例以後は確認されていなかったが、2018年9月に岐阜県岐阜市の養豚場で発生が確認され[8]、非アフリカ豚コレラと判明している[1][3]。同月末、中国政府は直接、間接を問わず、日本からのブタ・イノシシの輸入を禁止する公告を出し、即日実施した[9]2019年2月6日時点では愛知県長野県滋賀県大阪府の養豚場に感染範囲を拡大しており、養豚場を消毒の上に検査において陽性豚については殺処分が行われている[10][11][12]

愛知県においては陽性の野生イノシシが犬山市内で2018年12月22日付の発表で初めて確認された[13]。2019年2月6日には豊田市の養豚場でも陽性の患畜と認められた上に、同養豚場から出荷された子豚から上記の1府4県に拡散されたことも確認[14]。この時点での遺伝子系統図では岐阜7例・愛知1例に及んでいる[16]

アフリカ豚コレラ[編集]

類似の感染症に Asfavirus 属が原因とされている「アフリカ豚コレラ」がある。発熱、呼吸困難、皮膚のチアノーゼ、便秘もしくは血便などの症状を示す。全身性の出血病変を伴う急性熱性伝染病と定義されていたが、研究が進み、甚急性~不顕性の様々な病形が見られる。家畜伝染病予防法の法定伝染病であり、海外悪性伝染病に指定されている。 中国では、2019年1月15日時点で19省・2区でアフリカ豚コレラが広がり、916,000頭が殺処分(淘汰)となった[17]。2019年1月9日にはモンゴルの農場にも拡大している。中国国内では同年2月5日で77報告があり[18]、依然として警戒状態になっていると発表していた[19]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 岐阜の養豚場で豚コレラ 国内26年ぶり、輸出停止”. 日本経済新聞社 (2018年9月9日). 2018年9月9日閲覧。
  2. ^ 板倉吉延、室田賢 (2018年9月14日). “岐阜の養豚場で感染の豚コレラ、海外からの型か 農水省”. 朝日新聞 (朝日新聞社). https://www.asahi.com/articles/ASL9G3GRKL9GOHGB006.html 2018年9月14日閲覧。 
  3. ^ a b “岐阜県における豚コレラの患畜の確認及び「農林水産省豚コレラ防疫対策本部」の開催について” (日本語) (プレスリリース), 農林水産省, (2018年9月9日), オリジナル2019年2月6日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190206223713/http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/180909_32.html 2019年2月7日閲覧。 
  4. ^ Animal Disease Information/Classical Swine Fever/Technical Factsheet (PDF)” (英語). The Center for Food Security and Public Health (2015年10月). 2019年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月8日閲覧。
  5. ^ 疾病情報/豚コレラ/豚コレラの解説と参考資料/豚コレラ(Classical swine fever)解説/病原体”. 動物衛生研究部門. 農業・食品産業技術総合研究機構. 2019年2月8日閲覧。
  6. ^ 小倉弘明 「わが国における豚コレラの清浄化」 『畜産技術』 627号 30-33頁 社団法人 畜産技術協会 2007年
  7. ^ 岐阜県家畜伝染病防疫対策本部 第5回本部員会議 (PDF)”. 岐阜県 (2018年9月18日). 2018年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月8日閲覧。
  8. ^ ただし、岐阜市では2018年8月20日に初期症状が確認されたものの熱中症と誤認しており、同年9月7日までは岐阜県での対応が遅れた[7]
  9. ^ “日本からのブタ輸入を禁止、豚コレラ発生で”. NNA ASIA (エヌ・エヌ・エー). (2018年10月11日). オリジナル2018年10月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181015080155/https://www.nna.jp/news/show/1822319 2019年2月7日閲覧。 
  10. ^ “愛知県における豚コレラの患畜の確認及び「農林水産省豚コレラ防疫対策本部」における対応方針の決定について” (日本語) (プレスリリース), 農林水産省, (2019年2月6日), オリジナル2019年2月6日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190206134852/http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/190206.html 2019年2月7日閲覧。 
  11. ^ “豊田の養豚場、異常把握後に長野へ出荷 豚コレラ”. 中日新聞 (中日新聞社). (2019年2月7日). オリジナル2019年2月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190206224149/http://www.chunichi.co.jp/s/article/2019020690235441.html 2019年2月7日閲覧。 
  12. ^ “長野県、豚コレラの発生確認 愛知の養豚場から子豚”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2019年2月6日). オリジナル2019年2月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190206224313/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4095302006022019000000/ 2019年2月7日閲覧。 
  13. ^ 野生イノシシにおける豚コレラ検査の結果について”. 愛知県 (2018年12月22日). 2019年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  14. ^ 愛知県における豚コレラ患畜の確認について(2月6日 16時現在) (PDF)”. 農林水産省 (2019年2月7日). 2019年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月13日閲覧。
  15. ^ 愛知県における豚コレラの患畜の確認(1例目)について”. 愛知県 (2019年2月6日). 2019年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月8日閲覧。
  16. ^ 豚コレラウイルスの遺伝子系統樹(5’UTR領域、150bp) (PDF)”. 愛知県 (2019年2月6日). 2019年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月8日閲覧。[15]
  17. ^ 中国農業農村部广德福報道官:現在のところアフリカ豚コレラは流行まん延状態にはない (PDF)”. 中国農業農村部公表情報. 農林水産省 (2019年1月15日). 2019年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  18. ^ 動物衛生課 (2019年2月5日). “中国におけるアフリカ豚コレラ発生事例について (PDF)”. 農林水産省. 2019年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  19. ^ アフリカ豚コレラについて”. 農林水産省 (2019年2月6日). 2019年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]