ブガッティ・タイプ13

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブガッティタイプ13ブレシア 1923年

ブガッティ・タイプ13は、ブガッティ最初の自動車である。1910年から生産が始まったタイプ13とタイプ15、17、22、23、25、26を含めた、ブレシア・タイプシリーズは1925年まで生産された。この車は小型スポーツカーの元祖と言える存在で、非力ながらも良好なハンドリングで、レースでは数倍の排気量を持つライバル車と互角に戦った。ブレシア・タイプは、年代とタイプ番号が一致していないため、タイプ番号順に記載する。

タイプ13[編集]

エットーレ・ブガッティはドイツ社と契約中の1907年に自宅地下室でタイプ10と呼ばれる試作車を製作した。そして、1909年に独立し、タイプ10のコンセプトを継承したタイプ13の生産を1910年に開始した。タイプ13には排気量1327ccの水冷直列4気筒OHC8バルブ、22kw(30)、の小型、高回転型のエンジンが搭載され、、ホイールベースは2000mmと小型の車であった。最高時速は125km/h[1]。このタイプ13は1913年まで生産された。

タイプ13ブレシア[編集]

1914年からタイプ13のエンジンがOHC16バルブに変更された。16バルブエンジンには排気量1368cc、1453cc、1493ccの3種類がある。この16バルブモデルがイタリアブレシアで行われた1921年イタリアグランプリで優勝したことに因み、1921年以降のモデルはタイプ13ブレシアという名前にされた。しかし、多くの場合、年式を問わず16バルブモデルをタイプ13ブレシアと呼ぶ。

タイプ15[編集]

タイプ15は1912年、タイプ13のロングホイールベースバージョンとして、ホイールベースが2400mmに延長されたモデルである。また、タイプ15はタイプ13の洋梨型ラジエターに対し、6角形の角型ラジエターとなっている。エンジンはタイプ13と同じ、1327ccの直列4気筒OHC8バルブが搭載されている。

タイプ15ブレシア・モディフィエ[編集]

タイプ15ブレシア・モディフィエは、タイプ15のシャーシにタイプ13ブレシアと同じ16バルブエンジンを搭載したモデルである。

タイプ17[編集]

タイプ17は、タイプ13のもう一つのロングホイールベースバージョンで、ホイールベースは2550mmmとなっている。エンジンはタイプ13と同じ、1327ccの直列4気筒OHC8バルブのものが搭載されている。

タイプ17ブレシア・モディフィエ[編集]

タイプ17ブレシア・モディフィエはタイプ17のシャーシにタイプ13ブレシアと同じ16バルブエンジンを搭載したモデルである。

タイプ22[編集]

タイプ22は、1913年にタイプ15の進化系として作られ、公道走行に適したボディを持ち、ラジエター形状がタイプ13同様の洋梨型に変更されている。ホイールベースは2400mmで、エンジンはタイプ13と同じ、1327ccの直列4気筒OHC8バルブのものが搭載されている。

タイプ23[編集]

タイプ23は1913年に、タイプ17の進化系モデルとして作られた車である。。ホイールベースはタイプ17と同じ2550mmで、エンジンは、タイプ13と同じ、1327ccの直列4気筒OHC8バルブのものが搭載されている。

タイプ25[編集]

タイプ25は、タイプ15のシャーシにブレシアのエンジンとは別の、1.6リットル8バルブエンジンを搭載したモデルである。

タイプ26[編集]

タイプ26は、タイプ17のシャーシにブレシアのエンジンとは別の、1.6リットル8バルブエンジンを搭載したモデルである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1921 Bugatti Type 13 | Bugatti” (英語). Supercars.net (2016年4月6日). 2019年10月23日閲覧。

出典・参考文献[編集]