フー・アー・ユー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フー・アー・ユー
ザ・フースタジオ・アルバム
リリース
録音 1977年9月 - 1978年5月
ジャンル ハード・ロック
時間
レーベル ポリドール・レコード
プロデュース ザ・フー、ジョン・アストリー英語版グリン・ジョンズ
専門評論家によるレビュー
星3.5 / 5 オールミュージック
チャート最高順位
イギリスの旗 6位、アメリカ合衆国の旗 2位
ゴールドディスク
ダブルプラチナ(アメリカレコード協会ミュージック・カナダ)、ゴールド(英国レコード産業協会
ザ・フー 年表
ザ・フー・バイ・ナンバーズ
1975年
フー・アー・ユー
1978年
キッズ・アー・オールライト
1979年
テンプレートを表示

フー・アー・ユー』(Who Are You)は、1978年にリリースされたイギリスロックバンドザ・フーの8枚目のスタジオアルバム。プロデューサーはグリン・ジョンズおよびジョン・アストリー英語版。発売元はイギリスはポリドールアメリカMCA。全英6位[1]、全米2位[2]を記録。本作発表後間もなく、ドラマーのキース・ムーンが死亡したため、本作はムーンが参加した最後のオリジナルアルバムである[3]

解説[編集]

前作『ザ・フー・バイ・ナンバーズ』から3年という、ザ・フーとしてはそれまでで最も長いインターバルを空けての発表となった。プロデュースは前作に引き続き参加となるグリン・ジョンズに加え、ピート・タウンゼントの当時の義弟であり、後にザ・フーのアルバムのリイシューのリマスタリングを任されることになるジョン・アストリーが参加している。比較的簡素な音造りだった前作とは打って変わり、本作ではオーケストラ打ち込みを大胆に導入した、『四重人格』(1973年)のような重厚な音造りがなされている。ジョン・アストリーによれば、これはタウンゼントの意向で、アメリカでのラジオ放送で受けるように狙いをさだめたものだという[4]。招かれたゲスト・ミュージシャンもこれまでで最多で、アンディ・フェアウェザー・ロウや元ゾンビーズのロッド・アージェントらが参加した。オーケストラ編曲を担当したテッド・アストリーはジョン・アストリーの実父である[5]。本作はザ・フーのオリジナルアルバムで、初めて全米でのチャート順位が全英を上回った。

制作は1977年9月から1978年5月まで、完成までにおよそ9ヶ月もかかったが、このうち実際にレコーディングにかけられた時間は1ヶ月程度だった[6]。そのレコーディングも次々に起こるトラブルにより、遅々として進まなかった。グリン・ジョンズは先約があるとして1978年早々にプロデュースを降りてしまい[7]、さらにタウンゼントが夫婦喧嘩の最中に手を怪我してギターが弾けなくなったり、ロジャー・ダルトリーが喉の手術を受け2週間の休養を余儀なくされるなどして[8]、レコーディングは度々中断された。また、曲のプレイバック中にアレンジをめぐってダルトリーとジョンズが口論になり、殴り合いになったこともある[6]

しかし、一番の問題はキース・ムーンの健康状態だった。ムーンの身体は長年の不摂生により悲鳴を上げていたが、自身のせいでグループがライブ活動から距離を置かざるを得なくなってもなお、ムーンがその堕落した生活を改めることはなかった[9]。この頃になるとムーンは8分の6拍子を叩くことが出来なくなっており、ミスを連発するたび彼は皆に謝っていたが、何度も録り直しを要求されるうちについには「俺は世界一のキース・ムーン・スタイルのドラマーだからな!」と逆上する始末だった[10]。タウンゼントは1994年のインタビューで、本作の制作中にムーンがこの先もう長くないことを悟ったという。そして「もしキースが生きてたとしても、他の誰かにドラムを頼まなければならなかっただろう」と、ムーンが限界に来ていたことを打ち明けている[11]

本作と同時進行で、グループのドキュメンタリー映画『キッズ・アー・オールライト』の撮影も進められていた。1977年12月、グループはこの映画のためのライブをロンドン、キルバーンで行うが、1年以上ものブランクがあったためかこの時の演奏は悪く、映画で使用されることはほとんどなかった[12]。尚、この時のライブでは本作から「フー・アー・ユー」が披露されている[13]。映画で使用されている映像は、翌年5月にシェパートン・スタジオで撮影されたライブからである。そして、これがムーンにとって最後のステージとなった[4]

アルバムは8月18日にリリースされた(アメリカでは21日)[14]。タウンゼントはリリースに伴い、ツアーを行う可能性を示唆していたが[4]、それから3週間ほど後の9月7日、ムーンは32歳の若さで死亡した[15]。本作のアルバムジャケットで、ムーンが座る椅子に書かれた"NOT TO BE TAKEN AWAY(持ち出し厳禁)"の文字が、後に彼の死と関連付けて噂されるようになった[16]

リイシュー[編集]

1996年、リマスター/リミックス版がリリースされた。ボーナス・トラックには未発表だった「ノー・ロード・ロマンス」の他、タウンゼントがソロで発表した「エンプティ・グラス」のデモ・バージョン、そしてオリジナル収録曲のうち3曲の別ミックスが追加収録された。2011年には日本限定で、オリジナル・マスターから起こされた最新リマスター版がリリースされた。いずれもリマスタリングは、ジョン・アストリーが担当。

収録曲[編集]

特記なき限り、作詞・作曲はピート・タウンゼント。

A面
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. ニュー・ソング - New Song    
2. ハド・イナフ - Had Enough(ジョン・エントウィッスル)    
3. 905(ジョン・エントウィッスル)    
4. シスター・ディスコ - Sister Disco    
5. 「ミュージック・マスト・チェンジ - Music Must Change」    
B面
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
6. トリック・オブ・ザ・ライト - Trick of the Light(ジョン・エントウィッスル)    
7. 「ギター・アンド・ペン - Guitar and Pen」    
8. 「ラヴ・イズ・カミング・ダウン - Love Is Coming Down」    
9. フー・アー・ユー - Who Are You」    
リミックス版ボーナストラック(1996年)
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
10. 「ノー・ロード・ロマンス - No Road Romance」    
11. 「エンプティ・グラス(デモ版) - Empty Glass (Demo)」(原題:CHOIRBOY)    
12. 「ギター・アンド・ペン(オリンピック’78ミックス) - Guitar and Pen (Olympic '78 Mix)」    
13. 「ラヴ・イズ・カミング・ダウン(ワーク・イン・プログレス・ミックス) - Love Is Coming Down (Work-in-Progress Mix)」    
14. 「フー・アー・ユー(ロスト・ヴァース・ミックス) - Who Are You (Lost Verse Mix)」    

ヒットチャート[編集]

アルバムの順位
チャート 最高順位
1978 ビルボード Pop Albums 2[17]
1978 全英アルバムチャート 6[1]
シングル フー・アー・ユー/ハド・イナフ(Who Are You/Had Enough)の順位
チャート 最高順位
1978 ビルボード Pop Singles 14[18]
1978 全英シングルチャート 18[1]
ゴールドディスク等の認定
認定
イギリス(英国レコード産業協会 ゴールド[19]
アメリカ合衆国(アメリカレコード協会 ダブルプラチナ[20]
カナダ(ミュージック・カナダ ダブルプラチナ[21]

参加ミュージシャン[編集]

ザ・フー

ゲストミュージシャン

  • ロッド・アージェント - シンセサイザー(#2)、キーボード(#7)、ピアノ(#9)
  • テッド・アストリー - オーケストラ編曲
  • アンディ・フェアウェザー・ロウ - バッキングボーカル(#1、#2、#7、#8、#9)
  • ビリー・ニコルズ - バッキングボーカル(#1、#2)
  • マイケル・ニコルズ - バッキングボーカル(#2)

出典[編集]

  1. ^ a b c The Who | full Official Chart History | Official Charts Company
  2. ^ The Who - Chart history | Billboard
  3. ^ Who Are You - The Who”. オールミュージック. 2015年8月5日閲覧。
  4. ^ a b c 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年ISBN 978-4-401-63255-8、317頁
  5. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』(2004年)163頁
  6. ^ a b 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、314頁
  7. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、313頁
  8. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、318頁
  9. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、307頁
  10. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、320頁
  11. ^ 1996年リマスター/リミックスCD(日本版)付属の保科好宏による解説より。
  12. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、315-316頁
  13. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』(2004年)54頁
  14. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、333頁
  15. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、323頁
  16. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』(2004年)10頁
  17. ^ Artist Chart History – The Who”. オールミュージック. 2009年11月25日閲覧。
  18. ^ Who Are You”. TheWho.com. 2015年8月5日閲覧。(シングル)
  19. ^ Who Are You - The Who
  20. ^ Gold & Platinum Searchable Database”. アメリカレコード協会. 2015年8月5日閲覧。
  21. ^ Gold/Platinum”. ミュージック・カナダ. 2015年8月5日閲覧。

外部リンク[編集]