フードコーディネーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

フードコーディネーターは、NPO法人日本フードコーディネーター協会が認定する民間資格[1]。資格を取得するためには、資格認定試験に合格しなくてはならない。1級から3級までの等級がある[2]

フードコーディネーターは「食」に関連するあらゆるビジネスを効果的に演出し、コーディネートする[3][4]。一例として朝食のシーンをフードコーディネーターが演出する場合には、朝食シーンの背景、目的からその場にふさわしい朝食メニュー、必要な食材、朝食を盛り付ける器、テーブルを飾る花やテーブルクロスといった食事そのものだけではなく、「食」を囲む小物や空間全体をトータルにコーディネートする[4]。また、実際の食事シーンそのものだけではなく、「食」を取り扱った出版物の編集、CMの製作、料理店の新メニュー開発、料理店のプロデュースなど、関連する周辺まで演出に携わることがある[4]。もちろん、全てのフードコーディネーター資格保有者がこのようにあらゆる分野のコーディネートを行うわけではなく、特定分野に特化する者もいる[4]

出典・脚注[編集]

  1. ^ お仕事Q&A:フードコーディネーターってどんな資格?”. 今治明徳短期大学. 2016年12月14日閲覧。
  2. ^ 日本フードコーディネーター協会 (2016). フードコーディネーター教本2017 3級資格認定試験対応テキスト. 柴田書店. p. [要ページ番号]. ISBN 9784388153367. 
  3. ^ 資格取得一覧[食物栄養科]”. 戸板女子短期大学. 2016年12月14日閲覧。
  4. ^ a b c d 住川啓子 (2008). “Chapter 1 フードコーディネーターのお仕事”. なる本 フードコーディネーター. 週刊住宅新聞社. ISBN 9784784803873. 

外部リンク[編集]