フーツラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フーツラ
Futura
Futura Specimen.svg
書体 サンセリフ
分類 ジオメトリック・サンセリフ
開発者 パウル・レナー
発表メーカー Bauer Type Foundry

フーツラ (Futura) は、1923年ドイツバウハウスにおいて非常勤講師として勤めたパウル・レナー (Paul Renner) によって発表されたラテン文字サンセリフ書体。futuraとはラテン語で「未来」の意。

「フトゥーラ」がラテン語や西欧諸語の発音に最も近く、カナ表記には他に「フツラ」「フツーラ」などが見られる。"tu"の音節の"u"のみが長音であるため、厳密には「フーツラ」という表記は原音からすると誤りであるが、日本ではこの読みが幅広く浸透している。

いわゆるジオメトリック・サンセリフの一種で、幾何学的な造形が特徴的である。現在でもよく用いられているサンセリフのひとつで、フォルクスワーゲンルイ・ヴィトンのロゴ等にも使用されている。

ナチスを連想させるため、使う文化圏には注意を払った方がよい」と日本で言われることがある。しかし、基本的に欧米諸国をはじめ世界中で普通に使用されている書体であり[1][2]、「注意が必要」といった部類には入らない。考証的にはむしろバウハウスは、ナチにより「退廃」として退けられた側に当たるものではあるが、米国などでナチと関連するものに使われている例も無いわけではない[3]

脚注および参考文献[編集]

  1. ^ 小林章タイプディレクターが答える欧文書体Q&A」、『デザインの現場』第136巻、美術出版社、2004年、 98-101頁、2014年9月3日閲覧。
  2. ^ 小林章. “ここにも Futura”. 2013年4月8日閲覧。
  3. ^ USHMMの企画展 http://www.ushmm.org/information/exhibitions/traveling-exhibitions/state-of-deception のポスターに見られる